新着Pick
71Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ウーバーのような配車サービスが普及することでタクシーの様に免許制で上限があった仕事に天井がなくなってしまう。それによって、多くの車が走り、大気汚染の原因を作るというのはわかりやすい。EVにすることで解決できるかもしれないが、ウーバーにとってはそれはそう簡単には受け入れ難い提案になるだろう。
無意識的にシェアリングが環境に良いとイメージしている人々にとって、とても興味深いデータです。

急成長する東南アジアなどを掌握するGrabで、同様の研究をした場合の効果も気になるところです。
原文は下記。
便利になれば移動が増えるのは、一種合理的。そのなかで、移行期だとすぐに自動車生産が減るわけではないが、長期でそれがどうなっていくか(製造サイドの二酸化炭素の変化)なども併せて見ていきたい。
https://www.transportenvironment.org/press/uber-adds-pollution-and-traffic-european-cities-too

※下記Pickでのコメントの再掲
https://newspicks.com/news/4405567
ウーバーは利便性を提供するサービスです。利便性が高いため普及したのです。
ですが、多くの場合、利便性は環境汚染とは裏腹だと思います。
ウーバーはドアツードアですが、公共交通機関はドアツードアではないですから、当たり前のことです。

また、ドアツードアの環境は健康にも良くないです。
日本の中で東京の人と地方の人は、東京の人の方が公共交通機関を利用するため歩数が多くなり、その点だけを見れば健康的な生活なのです。

そのうち、ウーバーは健康にも良くないというレポートが出るのではないでしょうか。
ふむ。結論ありきな調査な気がしますが。


イギリスのタクシーのほうがよっぽど古いディーゼル車使ってて大気汚染に影響してるような気がします。ただ、確かにウーバーみたいな配車サービスは、実際使ってみると来るの遅かったり結局渋滞で遅れたり難点も多々。