新着Pick
136Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ネットチャネルの投信買付手数料は、これまでも無料化の流れで進んでいましたが、遂に全面無料化です。金融ビッグバンから約20年。ノーロードが当たり前の時代がやってきました。
ネット証券ならではの手数料無料化。

野村證券をはじめとするリアル証券会社は、ますます窮地に追い込まれそうですね。

どうする?
野村の新社長!!
手数料無料化が広がっています。「楽天証券は12月3日に、SBI証券は4日、取り扱うすべての投資信託の買付手数料の無料化を発表」しました。

【マネックスも信用や投信の手数料ゼロに、カブコム・松井も発表 ゼロ化の波本格化】
https://newspicks.com/news/4431624
長期保有を前提にすると、売買手数料よりも資産残高に連動する信託報酬の方が負担が高いです。

最近は売買手数料無料のノーロードファンドが多くあるため、売買手数料無料化は証券会社のマーケティングだと思います。
リアル店舗を持ってる証券会社は終わりました。
販売手数料3%、信託報酬2%取られてどうやって資産形成できるのか、現役のリテールやってる証券マンに聞いてみたい。
カブドットコム証券株式会社(カブドットコムしょうけん、英語: Kabu.com Securities Co.,Ltd.)は、三菱UFJフィナンシャル・グループのインターネット専業の証券会社。 ウィキペディア

業績

マネックス証券株式会社(マネックスしょうけん、英文名:Monex, Inc.)は、マネックスグループ株式会社(金融持株会社)の完全子会社で、証券業を営む株式会社である。 ウィキペディア

業績

SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英語: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。 ウィキペディア
時価総額
3,435 億円

業績

楽天証券株式会社(らくてんしょうけん、英:Rakuten Securities, Inc.)は、インターネット専業の証券会社及び商品取引員。 ウィキペディア