新着Pick
1636Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
至極まっとうな内容です。

多くのひとにとって、個別株式での運用は現実的ではありません。
個人がインターネット証券で頻繁に取引している類のものは、期待リターンがマイナスのギャンブルと言い切っても良いと考えています。インターネット証券の手数料無料化も本当にユーザーフレンドリーなのか、何とも言えないと思ったりもします。

(レバレッジを効かせた類のものではない)投資信託は、大きなリターンこそ期待できませんが、大きな損失もありません。購入することで、銀行預金よりは少し経済への関心も出ます。取引は最低限に、地道にコツコツ、複利運用していくのが、急がば回れの王道です。
「老後2000万円問題」が紛糾した2019年も気が付けばもう終わり…。

投資信託については今年NPで何度か寄稿させていただきましたが、今回は、iDeCoやつみたてNISAなどの公的な制度を活用しながら資産形成をおこなうためのヒントをまとめてみました。

ポイントは「シンプル」&「ほったらかし」!

多少見切り発車でも構わないので、まずは始めることが重要。資産形成で重要な時間という要素は後からどれだけ悔やんでも戻ってきませんので…。

「来年こそ!」と思っている方、資産形成がイマイチ上手くいっていないという方は、ぜひ、セルフチェックも兼ねて参考にしてみてください。
たしかに。
段階がありますよね。
「現金・預金→投資信託→株式→株主優待・ふるさと納税・FX・暗号通貨」
ふるさと納税や株主優待は、話題になったけれど、「趣味」ととらえたほうがいいかも。
「お得感」と資産形成は違うのですよね。
「資産形成のピラミッド」がわかりやすくて良い。
資産形成について貯蓄か投資かと二項対立で捉えられがちだが、実際には「貯蓄と投資」で捉える必要がある。貯蓄は資産形成の土台。
投資を行うにあたっては流動性リスクを念頭に置くこと。この点はとくに投資初心者の方は意識していない場合が多いので要注意。
日本人って保守的に貯金をしているかと思いきや、高利回りを謳う投資詐欺に引っかかる人が絶えないし、ミセスワタナベと外人に名付けられる程FX好き。極端過ぎんだよ。金利がこんだけ低いんだから、株のリターンもそんなに高くはならないって分かりそうなものだが。
入門編としてとても良い内容。とくにこれから投資を始める学生には、参考になるはず!
税引き前所得の20%…ちょっとハードルが高いようにも思えますが、そんなもんなんですかね(^^;

無理なく、続けることを優先します…
どちらかというとセルサイド側の方ですが、すごく真っ当な記事。

iDeCo(401k) → NISA → 特定口座の順番を守ろうとしない投資家が多いです。
そして、長期・積立・分散を行うのと、低コストのインデックスファンドが素人には王道でしょう。

また、コストが高く、どんな運用がされているか分からないアクティブファンドは避けるべき。←ここ重要。

記事では債券が含まれているバランス型を推奨しているようですが、この低金利であればグローバル株式のインデックスに絞った方がベター。
各投資家のリスク許容度に応じてキャッシュポジションを調整すれば良いと。
貯蓄が少ないので投資まで行かない段階なのかと納得。