新着Pick
1078Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはビッグニュース!
ここ20年はGoogleを中心にしてインターネットの世界は回っていた。

この後のAlphabetやGoogleの舵取りがどうなるのかは気になるが、二人の創業者がどうするのかもとても気になる。
投資家に転じるのか、はたまた違うプロジェクトに関わるのか、ソーシャルインパクトの世界に行くのか、完全に引退しちゃうのか、選択肢はそれこそ沢山あるけれど、いずれにせよ大きな影響を世界に与えるだろう。

そして思うのは、この年齢で20年もやってた事業を手渡すことの出来るということのすごさ。
後継者の問題や自分自身の精神的な問題などを乗り越えないと出来ない。

彼らはエリック・シュミットをCEOに招き、自分たちは一旦経営トップから身を引くということを過去に行なっており、その意味ではフラットでフェアな視点で事業を常に見てきたのだと思う。
こういう姿勢は本当に見習いたいものです。
驚き。
2人ともまだ40代半ば。大企業ならこれからあぶらが乗ってくるという年。もっととビル・ゲイツも引退は同じくらいの年だった。
当世のてっぺん企業を作り、40代で引退し、まだ人生もうふた仕事くらいできる。これが人生100年時代の天才のロールモデルなのだろうか。
とはいえ引き続き議決権優先のスーパーパワーを保持し続けるのだろうからしばし注目。

一方でこれで名実ともにグループトップに上り詰めたインド人移民一世スンダルピチャイのほうもこれまたすごい。マイクロソフトと並んでインド人移民一世が取り仕切る世界最高峰企業たち。これからの共感経営、調和経営の時代を象徴する。
ペイジ氏・ブリン氏の共同声明を読みました。
”if the company was a person, it would be a young adult of 21 and it would be time to leave the roost.”
「もしも会社が人間であるとすると、21歳の青年だと言え、その止まり木から飛び立つ時が来たのです」という一文が印象的でした。

Googleがこの21年間で、いかにしてエコシステムの中心たりえるポジションを確立してきたのか。

以前取材したことがあるのですが、グーグルの継続的な競争優位性の源泉はグーグルの卒業生コミュニティを含めたスタートアップエコシステムの真ん中にグーグルが位置していることにあり、それを可能にしているのは性善説に基づく企業カルチャーであると実感しました。

個人的にもこの考え方やカルチャーにはとても共感するところがあります。

今回の創業者の退任で、今後はこの基盤となってきたカルチャーがどう変化しうるのかにも注目しています。
巣立った”21歳の青年”のこれからがとても楽しみです。

(前述の取材記事です。宜しければご参照ください。
ユニコーン率10倍! 6000人の元グーグル集団「Xooglerズーグラー」
https://forbesjapan.com/articles/detail/29338
ラリー、サーゲイが社長を辞任して、取締役としてスンダーを支えるとのこと。きっと中の人たちにとって感慨深いレターだったのではないでしょうか。創業3年目でEricが参画したというのもすごいですが、Founderがトップの立場を退いても会社として成長し続けている。創業者がトップを退ける勇気と、しっかり経営とイノベーションが起こせる体制になっているということが驚愕です。新しい姿勢で尊敬します。
これほどの規模の会社で創業者が退いたあともプリンシパルを保ちつつ成長するのは並大抵のことではなく、ベゾスとの違いが鮮明です。

仕組みづくりに徹して、自らが前に出過ぎないスタンスが奏功したとも言えそうです。
偉大なこの2人の凄さはGoogleを作った事だけでなく後任を任せられる人間を育てた事かもしれません。創業と守成のいずれが難しいか。両方同じくらい難しいです。
Googleが作ってくれた市場や産業のなんとおおきいことか。どれほどの雇用を生んだか数えきれない
ピチャイ氏がGoogleのCEOだけでなくAlphabetのCEOも兼ねることに。
2011年まではエリック・シュミット氏、その後創業者のラリー・ペイジ氏がCEOとなり、2015年にAlphabetが作られてGoogleが事業子会社となったタイミングでピチャイ氏がGoogleのCEOとなった。共同創業者のセルゲイ・ブリン氏は現在AlphabetのPresidentであるが併せて退任。
Alphabet - Googleの間の構造はシンプルとなる。一方で、取締役としては残り、またGoogleが先駆けとなったこの規模でのテック企業での種類株構造で、議決権としてもいまだに多く握っている状態。そのなかで、新しいガバナンス・執行体制・役割定義をどう作っていくか含めて注目。
なんと。10年くらい前まで1on1で話してたSunderがAlphabetのCEOになるとは。私は同じ10年でいったい何をしてたんだろう。というのは良いとして、AlphabetもGoogleも新たなステージに移っていくのだろうなと感じる…

と同時に、創業者2人の次も期待したい。
ビルゲイツの退任は2008年、その後のマイクロソフトの動きが参考になるかもしれない。取締役として残留するということなので、その影響力次第かもしれないが、創業者の影響力が薄れてくるとアグレッシブさは減り、より社会的な責任を意識した行動をとる傾向があるので、今回の退任は場合によっては一つの転機となる可能性はあるのではないか。
個人所有するカリブ海の島での滞在が増えていると、以前から報道されていたけど正式な退任。創業当初やグーグルマップ開発に関する書籍を読むと、元々ビジネス構築よりも技術開発の方に関心があるようだし、無限ともいえる個人資産を活用した野心的なサイエンス・エンジニアリングのプロジェクトに専念するのでは
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
97.9 兆円

業績