新着Pick
353Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
正しいが、スマホアプリがユーザーにリーチ
するメインのアプローチならば、結局はGoogleとAppleの呪縛からは逃れられない。巨大過ぎて、彼らさえ特別扱いせざるを得ないまでに大きくなれば別(WeChatなどがその例)で、そこを目指す必要があるのではないかと。
アメリカのIT大手のGoogle、Amazon、Facebook、Appleの頭文字を取ってGAFAと言いますが、いつも一社だけ違和感があります。

それはAppleです。Appleの売上の大部分はiPhoneをはじめとした機器の売上です。いわゆるメーカーなのです。近年、ネットでのサービスなどの部分を増やしていますが、と言っても2割程度です。

Yahoo+LINEと比較するなら、ネットでのサービス同士を比較すべきかと思います。

あと、Yahooはアメリカが発祥ですし、LINEのコンセプトはアメリカや中国が発祥である以上、二番煎じであることは否めず、アメリカや中国と伍したいのであれば、日本から世界的に通用するネットサービスを生み出すしかないと思います。

Yahoo +LINEが頑張っても、銀行の領域で席巻することは不可能で、結局は、決済領域に留まるでしょう。これだけ、ネット銀行が増えても、ネット銀行1行辺りの預金量は地銀の中堅程度です。ネット銀行が貸出をしていると言っても、安定ですが利鞘が薄い住宅ローンです。
金融機関で覇権を握るにはやはり預金をはじめとした資産を押さえるべきですが、資産を押さえるためには、長期的かつ社会的な信用度が重要です。
ですので、GAFAであっても決済以上には踏み込めないのです。
近い領域のGAFAとは戦わざるえないのでしょうが、他領域で相性が良い金融も狙い、そこには強いプレイヤーはいないので勝ち筋あるということでしょう。
金融には革新的なプレイヤーが少ないし、規制等の関係で海外からの参入も容易ではないため。
私はヤフー・LINEとGAFAの一番の違いは初めから世界で勝負した会社と国内で勝ってから外に出ようとした会社の違いです。
ヤフー・LINEとGAFAのどちらが日本で勝つのかわかりませんが、ヤフー・LINEはたとえ日本で勝っても海外に出ていけないと思います。
この統合の有無にかかわらず、金融が草刈り場ですね。あとは一連の業界の動きでこの動きが加速するかどうか。
もともとGAFAと戦える枠組みではないので…この表題は意味不明です。

金融業界は、この枠組みがなくても、自然淘汰も含めて、ディスラプトされる運命にあるのではないでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
10.1 兆円

業績

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
2.12 兆円

業績