新着Pick

マラソンコース、周回数で難航 組織委と世界陸連―東京五輪

時事ドットコム
2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は3日、札幌で実施する東京五輪のマラソンコースについて、札幌市中心部を2周する案を希望する組織委と、コースをよりコンパクトにして6周することを求める世界陸連の間の協議が難航していることを明らかにした。 武藤氏は東京都内で報道陣に「われわれは20キロを2周、向こうは7キロを6周ということで、こう着状態」と述べ、国際オリンピック委員会...
42Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
馬鹿げている。東京に戻すべきです。

組織委員会には札幌変更のために割ける予算はなく、原則、足らず米は結局東京都が出すことになるのだが、東京都が今回の変更分を負担することはないという、別の合意がある。解けない難題だが、じゃあ国が国民の税金で賄うのか?それもおかしな話だ。要するに変更なんか出来ないんです。

そもそも費用だけの話ではないです。

暑さ対策、警備体制、ボランティア動員などを何年もかけて準備し、そのシミュレーションも重ね、選手村もホテルも完備している東京。都民からのサポートも万全だ。

それに対して、あと8ヶ月しかないのにコース選定から始めなければならず、選手村はおろか十分な宿泊施設もなく、ボランティアや警備体制もゼロからスタートする札幌。しかも雪が降る間は準備もままならない。

しかも競技終了後に、選手やスタッフを数百人単位で飛行機で東京に移動させるという。

お金の問題を横に置いても、果たしてどちらがアスリートファーストなんだろう。開催都市の東京都に相談もなく勝手に札幌移転を仕切った組織委員会と国は責任を取って欲しい。
やっびり東京に戻すべきと思ってます。アテネの近代オリンピックの原点の場所、パナシナイコスタジアムは狭すぎたけど50000人の大理石の会場。なんのために作ったかと言うとマラソンのゴールのため。そして、聖火のの着火場所。それだけオリンピックにとって最初の幕開けの聖火と最後のマラソンは特別。1700億円かけて作った国立競技場は、今回の東京五輪の聖地。そこでスタートしてゴールにすべき。
こう着状態・・・。日本ではものごとを決める際、根回し・協議して、こうする、と落とし所が見えてからにしますが、コースをどうするかがわからないままに札幌に移すことを決めるIOCの根性がババと思います。官僚のドン武藤さん率いる組織委もご苦労なことです。
「アスリートファースト」という言葉がどこに言ったのだろうという感じがする。20キロを2周と7キロを6周だと選手の戦略もかなり変わってきそうだ。どちらが走りやすいのだろうか。