新着Pick
94Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中身のソフトウェアが進化してるなら外側のハードウェアも刷新してイメージを変えた方がいいのではないでしょうか?性能だけじゃなくインターフェースは大事だと思うのですが。
勝手に、PepperはIBM Watsonと組み合わせることが多いのかと思っていたが、Microsoftなのか、しかも、りんななのかという感想。

一度ついた印象を払拭するのは難しいのではないかなと思う。見た目を簡単に変えられないのが、辛いし、特に特徴あり過ぎる見た目なのがネガティブに働く。
昨日ちょうど同僚と「pepperって何だったんだろう」という話題になったのでタイムリー。個人的には人型インターフェースはまだ時代が早い(今も)と理解しています。

ロボの提供価値を機能と情緒に分けると、機能の方は今は簡単な用件であればAIスピーカーで済みます。情緒はAIBOがいい例ですが、AIスピーカーも遊び心があってなんか可愛い気持ちになりませんか?(私だけ?笑)
で、残されるのは双方が融合したより高度な「接客」ですが、これをpepperに任せるには、記事にある通りまだ技術面の不足が大きそうです。そこへのチャレンジということで、今後の展開を楽しみにしています。
Pepper自体で来店目的にはならず、かつ現状では生産性を高めてくれるツールにもなるのが難しいので、業種特価でそこをどう切り込んでくれるかは期待したいところです。
Pepperのような存在は中身だけでなく、進化し続ける必要があると思います。そして、数年後に、初代Pepperをみんなで懐かしむことができる楽しみがあると思う。少し違うかもしれませんがAIBOがそれに近い存在だと思います。