新着Pick
19Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
石綿(アスベスト)の健康への影響について補足します。

石綿は、加工しやすく断熱性などに優れることから、古くから建材として用いられてきました。しかしその後、石綿に暴露した方で肺がんや中皮腫と呼ばれるがんが増加することが相次いで報告され、現在は発がん性が高い物質として多くの先進国で建材に用いることが禁止されています。また、多くの建築物でそれが発覚した場合には建て直しを余儀なくされています。

吸入されたアスベストは肺に沈着し、長期間にわたって炎症を起こすことで、暴露後20年や30年という時を経て、間質性肺炎と呼ばれる肺の病気や、肺がん、悪性中皮腫を引き起こすリスクになることが知られています。

ちなみに、建築業界における喫煙率も課題で、アスベスト暴露と喫煙の両方がある方のがん発症リスクは約60倍にも上ることが知られています。アスベストの厳格な管理と同時に、禁煙指導の拡散、徹底も重要になると思います。