「中の人」直伝。ビジネスを伸ばすためのTwitter活用術

2019/12/11
Twitterのリリースから13年。著名人のみならず、企業が自社のPR手段として活用する動きもすっかり定着した。
一方で、企業アカウントの運営担当になったものの、何を投稿しても反響がないと悩む人も多い。
そこでNewsPicksでは、Twitter Japan 森田謙太郎氏のMOOC「ビジネスグロースのためのTwitter入門」を配信。企業担当者がTwitterを運用する際の方法論を解説した。
森田氏は2015年以来、企業担当者向けのセミナーを約150回開催し、受講者はのべ1万人を超えるという。今回、そのエッセンスについて尋ねた。
イメージや使い方は千差万別
──森田さんは定期的に、Twitterをビジネスに生かすためのセミナーを開催しています。具体的にどのような内容でしょうか。
森田 最初にお話しするのは、現在のTwitterの「標準的な使われ方」です。
Twitterは2006年に日本でサービスを開始しましたが、ユーザーが使い始めたタイミングや利用頻度、フォローしているアカウントによって、Twitterに対して持つイメージや使い方は千差万別です。
「Twitterをビジネスに生かす」といってもさまざまな方法があり、どれが正しい・誤りというわけではありません。しかし選択肢が多いと、取り組む方は迷ってしまいがちです。