新着Pick
254Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
上海に取材に行った時には、無人コンビニのゲートがなかなか開かずに悪戦苦闘したりするような事態もありましたが、街全体としては日本ではまだ実装されていないようなテクノロジーが自然に街の一部となっていて、何歩も進んでいるという印象を受けました。
日本では完璧さを求めるあまり、なかなか実証実験が進まないという背景もあると思います。私たちも、多少の不具合は笑い飛ばすような準備をしておかないといけないですかね。
Suicaが定着しているのに、何故今更QRコード対応の改札を実験しなければならないのか?

QRコードによる改札機利用のモニター評価実験も実施する。

確かに、エストニアのタリンのバスチケットは、ネットでしか買えなくて、バーコードでした。
外国人向けということならば理解出来ますが、それでもQRコードにする必要があるのでしょうか?

乗る駅と降りる駅を認識して瞬時に料金を判断して、残高を減少させるというプロセスは、QRコードでは不可能だと、別の記事で読んだことがありますが…
改札機前でQRコードを表示するために立ち止まる人が増えませんように。
まさに近未来の駅ですね!

スターバックスの事前注文システムはそのうちどこでも当たり前のサービスになるでしょうね。注文のためにレジに並ぶのって本当に無駄な時間だと感じます。おそらくほとんどの方が事前に頼むものは決まっていて単にお金のやりとりだけのために大行列している印象ですから。
こーゆー取り組みは素晴らしいですね。まずは試してみる。僕は改札ゲート自体いらないと思います、ドイツみたく。

http://young-germany.jp/2017/07/〜検札官と改札機〜ドイツの鉄道とかだいすきク/‬
QRコードの部分、多分メインはインバウンド対応(中国)。普通に考えてスイカ浸透している中で日本人向けにQR使わせる理由ないし、スイカもQRも国際ブランド非接触(英語圏対応)も全部載せるっていう流れじゃないかな
新型の改札機に清掃ロボット。そして無人AI決済店舗と未来感があるものが揃った駅になるのですね。
改札機はQRコードは従来の場所に、ICカードは少し斜めになった内側にタッチするところがあるのですね。
【JR東日本が「QR自動改札機」、2020年春開業の高輪ゲートウェイ駅で実験】
https://japanese.engadget.com/2019/12/03/jr-qr-2020/
東京に行った時はぜひ行ってみたいです。
これは楽しみ、だが、QRに浮気する必要はないのでは…
新しい駅だからこそ、トライ&エラーの場所にするのはいいね!
新駅はぜひ「高輪駅」と呼びましょう。
東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。通称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)、英語略称はJR East。切符の地紋には「E」と記されている。 ウィキペディア
時価総額
3.74 兆円

業績