新着Pick
345Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
『ロウソクの科学』は岩波から出ていますが、その名著をカラー写真とともに解説した『「ロウソクの科学」が教えてくれること』は分かりやすくおススメです。子どもには、『ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科 』を。実際に自分の子どもに渡しました。
マイケル・ファラデーと言えば、携帯電話など今では当たり前に日常生活で使われている電磁波を扱う電磁気学の基礎理論に大きく貢献した歴史上の科学者の一人。磁場が変化すると電流が流れるという電磁誘導の法則を発見した(※)。磁場と電気という当時は全く異なる現象と考えられていたものを繋げて(根底では同じものではないかとみなして)物理学的に整合性のある理論を構築したのである。後にマクスウェルがファラデーの電磁誘導の法則を取り込み、有名なマクスウェル方程式へと雄飛させるのだが(マクスウェル方程式が特殊相対性理論で出てくるローレンツ不変性を満たしていることを知ると感動すら覚える)。電磁気学は、物理学の研究者として眺めて見ても、改めて創造性とは何かを教えてくれる良い学問であると思う。

【※】電磁誘導の法則の発見者については諸説ある。
改めて考えると、ロウソクって本当に面白い!
子供の頃に不思議と思ったことも出ていれば、初めて知ったことも出ている。燃えているのに、紐は先の方がチリチリしていくだけとか。他にも電池がどうして電気を貯められるのかとか、身の回りに不思議なモノは一杯ある。
フィルムカメラとかも面白い。半導体とか、それに近しい原理を使うものは、現在の世の中を支えているのだが、半導体自体を理解するのが相当に難しい。「半分導く」ってなんだよ、と。そういう意味では、アナログな世界の方が「なんで」と「分かった」がより分かりやすい例が多い気がする。
「宇宙を支配する法則のうち、ロウソクが見せてくれる現象に関わりがないものは一つもない」というファラデーの言葉に興味津々。こういわれると、何の変哲もないロウソクを見る目が変わります。

ファラデーの実験と講演の締めの言葉は「1本のロウソクにたとえられるのにふさわしい人になってほしい」。

全く関係がない話ですが、人生はロウソクのようなモノ、という設定の物語があります。落語の「死神」もそのひとつ。死神が現れたら、この「ロウソクの科学」を語ってやろうと思います。
好奇心を刺激する良い本ですね。吉野さんが紹介されてから有名になりましたが、大学の先生などでも時々取り上げる方がいて、僕の中では教育熱心な方がよく紹介される本のイメージがあります。

燃焼は物質が姿を変えていく様を見られる身近な例の一つです。
ロウソクの何が燃えているんだろう、芯はどうしてすぐ燃え尽きてしまわないんだろう、などなど、不思議がつまっていて良い題材だと思います。熱心な教育者でもあったファラデーが取り上げるのも納得です。

そういえば僕も炎色反応の原理に触れたあたりから化学にはまっていったような気がします。(もともと学校の先生を目指していたので理系志望ですらなかったのですが)
今現在も、分析で、観察で、表面処理で、炎や光の力を借りることが非常に多く、便利に使いつつも未だ理解しつくせぬ不思議な魅力を感じています。
結びの部分はまさしく「一燈照隅 萬燈遍照」の教え。
いつ頃どこで発明されたんですかねぇ
この連載について
忙しい現代人こそ、読書が必要だ――。 近年、教養を身につけることの重要性が叫ばれているが、意欲はあっても、読む時間を十分に取れないビジネスパーソンが多いだろう。NewsPicks編集部は、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、毎週土曜日に、話題のビジネス本の要約をお届けする。1冊約10分程度で本の中身を理解できるもので、まさに現代のビジネスパーソンにぴったりの内容。週末のひとときで新たな知識を手に入れてほしい。