新着Pick
58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この道のプロの信託銀行も、遺言信託そのものの旨味はなく、執行特約を付けて初めてそこそこの収益化が図れる。つまり、相続時の財産処分(不動産仲介、金融資産売却・購入など)の部分。保険も、この出口に商機を見出しているのでは。
高齢者の持っているお金の囲い込み争奪戦が激化していますねー。

各業界や企業によって思惑は異なるのでしょうが、自社商品を売り込む大きなチャンスでしょう。

高齢者が亡くなった後、相続人にアプローチすることも容易になりますし・・・。
この分野、競合が多いですね。
銀行も5,6年ほど前から力を入れています。相続相談が必要な富裕層を中心に弁護士、司法書士と連携しサポートしています。
相続時も銀行で手続きをするため、比較的手続きがスムーズにいく利点があります。

生命保険会社であれ、証券会社であれ、銀行であれ、お金のことで困った時に相談してもらえる存在になっていると相続相談も受けられる可能性が高いと思います。お客さまにとってはワンストップで手続きできるのがメリットになりますね。