新着Pick

「遊ぶように働く」を本当に実現した人の発想

東洋経済オンライン
小宮山利恵子(以下、小宮山):ピョートルさんがおっしゃっているように、遊ぶように働くことができたらいちばん楽しいと思います。私自身も、好きなことややりたいことを積極的に周りにアピールすることで、人間…
153Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Googleで人材開発部長をされていたピョートルさんとの「レア人材」についての対談後編 @東洋経済オンライン。
「”遊ぶように働く”を本当に実現した人の発想」

ご関心ある方は、ご高覧頂けましたら幸いです。
"人生の棚卸し"…とても大事ですよね。

目標を立てるにしても、先ばっかり見ていては、
自身の指針となる目標は立てられないと思います…。

私がIBMで体験した有益な"学び"の一つに、
"人生の棚卸し"に近いものがあります。

PARR Model ( パアーモデル )いう考え方です。
以下の頭文字をワード化したものです。
極めてシンプルですが、今では、私にとっての
行動指針となっています。

"P"REPARE
準備する→何かする前に、諸々な視点にて考察する。

"A"CT
実践する→やり遂げる、自身が持っているもの全てを注ぐ。

"R"EFLECT
振り返る→先ず、一人で深く深く自省する。絶対一人で。

"R"EVIEW
検証する→第三者と今後のアクションについて対話する。

この4つステップのうち、大事なのが、"REFLECT"です。
多忙な毎日を過ごしていると、この"REFLECT"の時間を
スキップしてしまう…。
深く深く自省しないで、"REVIEW"に進んでも、
何も得られない状態になります。

結局は、"これからの自分をどうしたいか?"という問いを
自分に問い掛けてみることなのかな〜と思います。

私は、毎週末、独りになる時間を確保して、
これから先のことを展望するために、継続して、
"REFLECT"しています。
本当に興味があることや好きなことなら学ぶことを負担に感じることはないと思うし、自ら積極的に学びに行けると思います。ただそれが何かわからない人や仕事に直結していないと罪悪感を感じる人が多いのではないかなとも思います。
考えてみれば誰だって知らないことが多いものですし、人生何でも学び。好きなことから学ぶ習慣をつけていけば、もしかしたら仕事に繋がることも出てくるのではないかと個人的には思っています。

「Googleで当時、人事開発担当をしていたときに気がついたのですが、高いパフォーマンスを発揮する人の共通点は、人生でものすごく苦労したり、挫折した経験のある人でした。挫折を経験した人は必ずと言っていいほど、自分自身を見つめ直しますから。優秀な人材に学歴は関係ありません」
そう言う意味でも就職氷河期の方々を積極的に採用する動きはとても良いと感じます。若い人達に違った目線でアドバイスできることもあるのではないかなと。