新着Pick
56Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
相変わらずの良記事。
地に足がついてるメッセージですね。

私もディーゼルは見直されると思ってます。
高速道路を低燃費で走れるのはコレしかない。

マツダはエンジン技術のキーを持っているのが強み。
超希薄燃焼のスカイアクティブXしかり、低圧縮クリーンディーゼルのスカイアクティブDしかり。

なぜ他から出てこないかって、基礎研究をコンサル会社に投げたりしてるから。みんなおんなじ様なのばっかりになる。

よく自動車会社はエンジンがキモって勘違いしてる方が多いけど、今時エンジンを完全自社開発してる会社は小数ですよ。

そんな中、マツダは昔からディーゼルにチカラを入れてました。何もスカイアクティブDで初めてディーゼルを出した訳じゃない。
その前の2代目アテンザ欧州モデル搭載の2.2L MZR-CDも当時最新技術を盛り込んだ高出力ディーゼルですよ。

応援してます。
下記、興味深い言及。
人間、一度慣れた「良い感覚」はなかなか手放せないもの。世代によってジワジワ変わることや、規制・経済性で変わらざるを得ない部分もありつつ、特性の違いへの言及は興味深い。
トルク部分は、電池だけでなくキャパシタも搭載することで多少はカバーできる?(コストは高くなるが)
あとはLCA含めて、欧州の「議論」の動向も興味深い。そう、これまでの技術投資など含めて、ずっと今のようにEV一直線になるとは思えない。一次エネルギーミックス(石炭発電が多いドイツがEVを進めている皮肉…)や化石燃料のエネルギー密度考えると、内燃と電池・キャパシタの回生は現実論としてとても強い。

『藤原 彼らがヨーロッパ中を、例えばドイツへ出張するとすると、PHVで一生懸命頑張っても、やっぱりディーゼルにはかなわないんですよ。ディーゼルで出張すると、1回満タンにすると1000キロ走るわけじゃないですか。それもあのトルクで、アウトバーンをばーんと走って。彼らは電車で行かないし、飛行機で行かないし、びゃーんとクルマで行っちゃうわけですね。それは今のPHVでできるかっていったら、できないんですよね、やっぱり。重たいものを積んでいるので。』
マツダ株式会社(英語: Mazda Motor Corporation)は、広島県に本拠を置く日本の自動車メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
6,002 億円

業績