新着Pick
562Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「稼ぐプラス自分の成長」を考えると、タテヨコナナメのチョイスからキャリアプランをデザインしたい。
そのためには今だけでなく将来求められる仕事やスキル、自分の得意不得意分野を理解して強みを活かすデザインをして欲しい。 今持っているものも大切に。
ただし今に安住して今のまま変化も進化もない人は、タテヨコナナメにも動けず 取り残されてしまう。
稼げる人…
"市場原理主義"を意識したキャリアを構築することだと
個人的に思っています。

自身が生み出し、提供できる”価値”を
求めている相手が存在し、
その相手が自身の”価値”を評価してくれる…
この関係を維持していく視点が重要だと思います。

常に、世の中の潮流を先読みして、
自身のスキル・専門性をアップデイト出来る人は、
組織で決めた基準(現在の仕事・パフォーマンス基準でなかったり、曖昧だったりする)での昇進昇格に対して、
それほど興味を持っていないのではないでしょうか。

欧米において、"Up-Skilling"以上に、
"Re-Skilling”という言葉が昨年頃から囁かれています。
自身の中核スキルを基軸としながらも、
複数の専門性を持ち合わせ、
自身の”ストライクゾーン”を拡張し、
市場価値を高める取組みとして重要視され、
企業内の人材育成方針にも広がっています。

単に、”やりたいこと”、”好きなこと”だけを
貫いただけでは、稼ぐ人(=プロフェッショナル)には
現実問題、成れないと思う…。
そういう人は、稀に存在しますが、
生計を立てられている人という意味では、
その数は、極僅かだと思います。
少なくとも、私の周囲で成立している人は、
残念ながら存在しません・・・。
(本当に出来たら素晴らしいと思います!)

この先、稼げる人=市場価値が高い人の基軸となる
スキルは、決して枯れない”知的好奇心”を持つこと。
これが一番大事なコアスキルになると改めて感じています。

Be curious ‼️
面白かったです。

1つの専門性で勝ち抜く世界的な天才になる難しさよりも、複数の専門性の掛け合わせ領域で、自分らしく生きる天才になる。

差ではなく、異を目指す。心がけてます。
このようなスタイルで働いている人たちは、欧米諸国ではたくさんいるのではないでしょうか?

広い意味での専門職として、横方向に転職していくという。

日本の多くの会社は、新卒一括採用で三角形の一番下から上に上っていくスタイルをとっています。
(その課程において、転勤や人事異動があります)

もちろん、このようなラインと異なったスタッフも存在しますが、いずれも社内にとどまる傾向が強いことでは同様です。

人材の流動性を確保することが、今の日本経済活性化には不可欠です。

そのためには、厳格すぎる解雇規制を緩和・撤廃し、解雇しやすくすると同時に受け皿も膨大なものにすればいいと考えます。
(解雇が容易になれば、「試しに使ってみるか」と雇う側が考えるのが自然だからです)
確かにそうですね。横スライドというよりは
斜め45度上って感じがしますけどね。
強みを生かしてキャリア形成していく事は大事です。
あと、唯一無二の存在になる事。
正にキャリアデザインを考えている人には、とても参考になるでしょう。ほとんどの人は縦のキャリアしか想定できていない。ところがポジションを得る機会は上位になればなるほど少なく、気が付いた時はかなりシニアで転職の機会は少なくなっている。記事のように、プロフェッショナリズムを横にシフトする道を探す方が合理的だ。しかし、それを適切にアドバイスしてくれる人は、恐らく社内にはいないだろう。キャリアデザインをアドバイスし、また機会を探してくれるエージェントなど、キャリアデザインを助けてくれる人を若い時に見つけておくことが最も望まれると思う。
それには将来どうなりたいのかという強い意志がなければならないでしょう。
他の人にはないものを持っているから価値になりますが、上手く自分の中で整理してつなぎあわせないと価値あるものになりません。

どんな経験も他の場面で使えるように意識することが、掛け算のキャリアには欠かせません。
(1)一人前以上の成果を出して横に移る
(2)みんなが苦手なことに、自分の持ち味をぶつける
これって転職じゃなくて、同じ会社の中でも言えることかもしれません。
需給バランスで需要過多のポジションを狙うのは、キャリア構築においても確かに正しい。ただし、年収を上げるのはもちろん重要だが、志や自分が本当にやりたいことも職業人人生においては疎かにはしたくない。
学びと経験の継続的な蓄積と、コンフォート・ゾーンからの脱却が肝ですね。

まぁ、それができれば、引く手あまたということになるので、結果的には稼げることになります。

あと、全く別ですが、大事なことは人格。声がかかることが大事です。

「一緒に仕事をしたい」と思ってもらえなければ、機会はありませんので…
(なんだか自分のことを言っているみたいで心が痛みます…笑)