新着Pick
1091Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
レストラン予約サイトが全てクレジットカード登録前提にして、キャンセル料をお客様から徴収したり、レストラン予約サイトが飲食店向けに保険を販売してリスクヘッジするなど、お客様とお店の間だけで解決策を考えるのではない仕組み作りも挑戦してもらいたい。

ネットによる予約だけにしてくれた方が、お客様も電話しなくて済むし、クレジットカード登録前提でキャンセル料を徴収出来れば楽。

レストラン予約サイトがこの問題を看過している感じ、自分たちの問題ではないと考えているところが多いように思います。
対日本人のキャンセル対策は来店までのステップSMSなどでほぼ無くせるのですが、最近より頭を悩ませるのが観光地での海外の方の無断キャンセルです。日本人キャンセル率よりも高い傾向もあり、デポジット等も広がればなと思う次第です。
無断キャンセルをした理由のトップは「とりあえず場所を確保するために予約」(34.1%)。その後に「人気店なのでとりあえず予約」32.5%、「予約したことをうっかり忘れた」30.2%が続く、とのこと。

結局は利用者数を追い求める施策よりも、ファンになってくれる顧客をどう増やせるかというLTV最大化に向けた施策をしっかりやるということですね。

TableCheckが抑止につながっているという事例は注目です。飲食店にとっては打撃が大きいので、予約信用スコアを共有できる仕組みを食べログやホットペッパーなとが作れば抑止になるはず。試験はしていると思いますが普及にむけてがんばってほしい。
結局は信頼関係であり、モラルの話なのかもしれないけれど、「無断キャンセル」問題は後を絶ちません。
頭を悩ませているのは飲食店だけではなく、アプリ予約が簡単にできるようになったタクシー業界も泣き寝入りが多いといいます。

日本もキャッシュレス文化になってきたので、事前決済やデポジット制度を業界全体で導入するのも一つの良い方法だと私は思っています。
海外のホテルなどはデポジット方式が当たり前ですもんね。
いずれにしても、予約時にクレジットカードと紐付けることを当たり前にしていくのが第一関門なのかもしれません。

そんな中、突然のキャンセル席を再販する「ごひいき予約.com」というものも…。
https://www.diners.co.jp/ja/gourmet/gohiiki.html
飲食店に直前キャンセルが発生した時点でキャンセル席を即時に買い取って、独自の会員基盤を活用して会員に向けて再販するシステム。
これ自体は高級店や人気店がリストアップされているのですが、お店問わず、こういった形の救済システムがあると飲食店側としては良いのかもしれませんね。
忘年会シーズン真っ只中の小規模個人経営居酒屋オーナーシェフです。
皆さんのコメント、色々と参考になります。
事前決済がいいというコメントが多いです。確かにこの事前決済にして前払いが1番の解決方法だと思います。ただ、この問題は俯瞰的に考えて欲しいです。
そうするにはカード決済ができるようにしなければなりません。カード決済にはいまだに決済手数料という壁が存在しており、そう簡単には個人経営飲食店は導入できません。
それと、前払いに関しては全飲食店が一斉に導入するぐらいでないと、あのお店は面倒でキャンセルできないからと敬遠され、他のお店を選択されてしまう恐れがあるので、個人経営飲食店では導入しずらいのが実情です。
自分的には、1番効果があるのはやはり厳罰化だと思っています。実際に運転中のスマホ操作が厳罰化されたように、抑止力はあると思います。今までは正直泣き寝入りが多かったと思いますが、ドタキャンをしたら名前と電話番号を元に被害届が出せ基本的に受理され、被害額相当の罰金となれば相当抑止力になると思います。
もちろん、飲食店側も電話番号は必ず控える、複数回確認の電話をしなければならないのは言うまでもありませんが。
うちも同じようなことはしてますが、同業の宮里さんのコメントには全面的に同意です。

宮里さんのコメント➡️『当店では大きな予約は「人数の変更ございませんか?」と途中で最低一回でも確認の連絡を入れます。今までドタキャンは1回もないです。

ドタキャンでは無いですが、一昨年は大口の予約を1週間前にキャンされる事が多く発生しかなり悩まされました。
対策として「とりあえず席を抑えといてまらえますか?」と言う予約は全てお断りし「確定してから改めてご予約お願いします」とお伝えすると、大口の予約のキャンセルは無くなりました。
「キャンセルは何日前まで可能ですか?」とよく聞かれますが「人数の変更はお受けしますが予約自体のキャンセルは困るので出来るだけご遠慮下さい。もし確定でないのならば予約はお受けできません」とハッキリ伝えます。

この問題は最近よくメディアに取り上げられて一般の方にもだいぶ浸透してきているので大変有難いです。』
事前に保証金を入れてもらえば、キャンセルはほとんどなくなるでしょう。

また、忘年会などでちゃんとした企業の幹事が予約して無断キャンセルした場合は、成功報酬型の弁護士依頼も有効かもしれません。

私だったら、最初の連絡から
「万一お支払いいただけない場合は、遺憾ながら法的措置を執らせていただきます」
と入れますね。

支払い能力があればたいてい支払ってきますし、店の名前ではなく弁護士名で請求するので店のイメージ低下にもなりません。
店舗や無断・直前キャンセルをしない顧客に、こういうコストが転嫁されているということでもある。
クレジット履歴ではないが、キャンセル履歴がない利用者には優先割引とか、無断キャンセルをした場合には前払い必要にするなど、いろいろビジネスの仕方がありそう。
「すごいことになっていた」というけれど、当たり前のことと感じて、すごいことになっているように思えない・・・ 読ませるためのタイトルかもね (^^;
記事にもある通り、ホテルはキャンセル条件を明示して事前にクレジットカード番号を登録させたり予約金を取ったりしています。ある意味、弱い立場の飲食店は“善意”が過ぎました。この程度の防衛策を整えることに文句はないですし、善意溢れる無防備な飲食店さんに迷惑かけないよう努めましょうよ、ご同輩。善意の店が潰れるようなことをしたら、私たちみんなが損ですよ (^_-)-☆
事前決済が必ずしも良いとは思いませんが、キャンセルポリシーやデポジットの仕組みはあって良いと思います。

更に言えば、電話で予約するのは、お店にとっても個人にとっても不便なので、インターネットでの予約に切り替えてもらいたいところです。
一部の高すぎる手数料は論外ですが、手数料はかかるのは効率化の裏返しと思います。

それにしても、無断キャンセルがこれほど起こるとは(元々起こっていたのかもしれませんが)、日本人の道徳観もこれほど落ちたのかと思い、残念です。
LyftやUberでは、事前予約にも関わらずNo Showだと一律のキャンセル料金($10)がかかる。海外で毎月1.3億件のディナーが予約されている巨大予約サイトOpen Tableも、予約時に一部のレストランではクレジットカード登録が求められキャンセルフィーが発生することもあり、No Showが続くとアカウントが使えなくなる。

記事の通り日本の飲食店でもプラットフォーム主導でNo Show対策がベストそう。