新着Pick
322Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ヤフーLINE連合のスーパーアプリが誕生し、消費者がすべてのサービスをそこから利用するようになれば、旅行や飲食などの利用者が減る可能性もある」とあるように利用者接点を抑えれば、リクルートの強みであるサービスコマース領域の事業にもヤフー、LINEが攻めてくる可能性がありますので、リクルートへの影響は大きいですね。

一方、リクルートのAirペイは直接的にPayPayと競合しないとのコメントですが、決済事業だけでは成り立たないので、本業を獲られたらやっている意味がない。

決済機能を武器にリアルとデジタルの垣根がなくなるニューリテールでのキャンペーンなどをヤフー+LINEはやってくるので、リクルートとしては戦いずらくなるかと思います。
本件のリリースが出て、元中の人、LinkedInの村上さんの貴重なインタビューでいの一番にあげられたリクルートへの影響。
https://newspicks.com/news/4406084
日常やライフイベントなどの消費者の生活まるごとを誰がとるか。消費者側はやはりLINEが強いですが、small Bへの営業力はリクルートが圧倒的。LINEは完全に苦手領域だったのが、paypayをこじあけているyahooグループの営業部隊や代理店網がつくのはかなりのパワーアップですね。ただ、こちらはとにかくこじ開ける、といういわば狩猟系の性格が強い印象があり、small B向けに求められる農耕型の営業組織をどう構築するかが重要と感じます
“消費者を面で押さえられることは、将来的な脅威となる。ヤフーLINE連合のスーパーアプリが誕生し、消費者がすべてのサービスをそこから利用するようになれば、旅行や飲食などの利用者が減る可能性もある。またエアペイは手数料に専用端末も必要で、QRコードを読み取るだけのペイペイなどよりも導入コストがかかるとみられる。中小店舗がペイペイやLINEペイだけを導入するようになれば、決済情報を取得することはできなくなる。顧客データを集めることで課題解決につながる新たなサービスを提供し、収入を増やしてきたモデルが崩されるかもしれない。”
ソフトバンクの営業力半端ないからな。国内ならかなりリクルートの脅威になる
横山さんがコメントされているよう(ありがとうございます!)、Airペイについては単体だけで見てもしょうがないと思う。リアルが強いところからの展開でリクルートの「リボン」を強化する形での位置づけだと思っていて、逆にリアル・OMOのところでヤフー・LINEが強くなれば、影響が出てきやすい領域だと思う。
なお、財務諸表から考えていくと、リクルートのほうがヤフーより数割ほど各種利益項目やCFが大きい(期・科目によって上下はあるが全体として)。リクルートは近年海外展開が成長のために注力している領域だと思うが、もう一度国内を守るという観点で買収含めてやってくるだろうか?
「ゆりかごから墓場まで」のライフイベントを押さえているリクルートと、メッセンジャー、ポータル、決済までの機能を押さえているYahoo!+LINE。

リクルート側が本気で戦うなら、としては各社の横ぐし、または一本化の可能性をまた検討する可能性があると思いますが。

強みで対抗するなら営業力を一本化するのが良いかなと。
リクルートというと人のイメージがあります。良い人材をたくさん輩出している会社だと思います。
ヤフーとLINEはシステムの会社なので別な感じですね。
仕事領域で被るところもありますが、全く別なモデルだと思っています。
簡単に言うと営業力すなわち人対システムすなわちテクノロジーです。
リクルートとヤフーなどネットメディアの競合は今に始まった事ではなくネット黎明期からぶつかり合う相手です。ただ、ソフトバンクの絨毯爆撃的営業力とセットになり始めてからよりリクルートにとっての競合感は増した気がします。
リクルートもソフトバンクも営業の会社です。特にPayPayが獲得しているSMBチャンネルはリクルートの顧客と重なり、PayPayとLINEで抑えられると戦い方は厳しくなるけど、影響は限定的だと見ています。
アレクサやシリに選んでもらえるか。これからはこれでしょう。

業績

株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、人材紹介、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
6.75 兆円

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.83 兆円

業績