新着Pick
492Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
勘と経験によプライシングの代表的は、農水産物でだと思います。特に農産物は味による価格付が難しいため、毎日公表される市場価格に大きく左右されていますが、市場価格は勘と経験によりプライシングされています。

米や牛肉も等級がありますが、時代の流れを反映していない古いものとなっています。

市場価格において品質によるプライシングができるようになれば、生産者さんにとっての大きなモチベーションになると思います。
脱経験と勘はプライシングだけでなくどの仕事にもいえるテーマ。採用領域では志望動機にグッときた、とかを脱さなくてはならない。志望動機は誰でも脚本が作れる。
それよりも職務遂行能力と同じバスに乗せるに相応しい価値観の持ち主かをどう見極めるか。
大事だとは思いますが、全面的に導入が進むとは思いません。

——-
合理的な値付けを行った場合、「理論価格よりも高く売れている企業」と、「理論価格よりも安く買えている消費者」は、それぞれ損したと感じることになります。
ミクロ視点で見れば、こうした状態が続いている一部の企業や消費者からは、プライステックに関して警戒する声も聞かれます。
しかし、マクロ視点で見れば、プライステックは真にその商品やサービスを必要としている人に対して、有限の資源がきちんとマッチングされる仕組みです。そのため、長期的には社会や経済への還元が大きいのではないかと考えています。
——-

これの通りだと思います。
供給側からすると、需給のマッチする価格がわかっても、その通りに値付けすると売上は下がる傾向にあります。

例えば、製品やサービスを楽天やAirbnbに出品する場合、その商品の限られた情報で比較された平均価格を知るのには参考になります。しかし、だいたいの商品において今の時代は供給の方が多いので、悲しいかな、価格が下がり、売上落ちます。

ホテル運営してますが、プライステック導入で後悔する事例はよく聞きます。価格下げて稼働率は上がったけど、売上下がるという。
まだまだこれからな技術なので、全面的に頼るのではなく、参考程度が良いかと。でないと、社会が良くなる前に自分が不幸になります。
説明が明快。「ガンガン作って、売ろう」のオルタナティブとして、最適な価格設定を行うというロジックは、とても筋が通っています。
プライシングにテクノロジーを活用することは、とても大切ですね。競合商品の価格を収集し、比較してくれるサービスがあります。あるいは競合の企業情報を。

Amazonの価格をリアルタイムに取得して、ダイナミックに価格を変更できるソリューションもあります。

重要なのは、ターゲティング。狙ったターゲットのサイフのサイズに合うかどうか。その判断を科学することが大切ですね。
「プラスティック」とは何か、、と読んでしまいました。

プライスTechの方がピンとくる?やりすぎですか?
プライシングは以前から重要だけれども、その重要性はさらに上がっているという指摘。
ビジネスにおいて、プライシングの重要度が増してきている理由は、
1 需要と供給量の限界
2 EC化率の上昇
とすれば、この先ますます重要になるはず。
その昔、経営の神様と呼ばれた松下幸之助氏が「新製品を夜中にじっと見詰めていると、幾らで売ってくれと語りかけて来る」という趣旨のことをおっしゃったと聞いた覚えがあるけれど、そういった人間臭いやり方でなく、テックで値付けしろということですね。売り手主導のコスト+マークアップが値付けの基本だった時代が変わって売り手と買い手の市場が価格を決めるようになり、次は膨大なデータとAIが人間の行動と数字を睨みながら値段を決めて行く。
必然的な流れであるようには思うけど、世の中の取引から人間味が薄れ、随分とせわしない世界が広がりそう・・・ 買い物の楽しみが減ることだけは間違いなさそうな気がします (^^;
商売は値付けとも良く言われましたが、それに合理性が出てくるのは非常に面白いですよね。現状で既に価格変動が高い事業での導入は今後楽しみなところです。
物や情報が爆発的に増え、その中である種自動的に取捨選択をしてもなお、提供側も受け取る側もまだ選択をせねばならないという。多くのものを持ち過ぎているなぁ
この連載について
ビジネスの話題に関する特別インタビュー
京セラ株式会社(きょうセラ)は、京都府京都市伏見区に本社を置く電子機器、情報機器、通信機器、太陽電池、セラミック、宝飾(クレサンベール)、医療用製品(人工関節、デンタルインプラント等)関連メーカーであり、国内大手企業である。UFJグループ・みどり会に加盟。 日経平均株価及びTOPIX 100の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
2.79 兆円

業績