新着Pick
131Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
親が反対していたとしてもそれをそのまま理由として内定辞退する人は、自分で判断出来ない人なので雇わない方が良い気がする。
親が反対した理由に自分も納得すればそれを理由に内定を辞退すれば良いと思います(会社に対して親を盾に使うことに違和感があります)。
最近は、「親の反対」よりも「彼氏や彼女の反対」を理由に内定承諾を躊躇するケースも増えてきました。

周囲の反対を押しきれず、自分の意思決定を変えるようであれば、それはもうそこまでなのかもしれないです。
入社後もライフステージの変化も含めた様々な変化が訪れ、周囲に自分の仕事や将来のビジョンを理解してもらわなければいけない時がいくつもありますしね。。

もちろん、就活生本人だけでなく、家族やパートナーにも、会社をしっかり理解してもらえるように企業側も努力する必要があると思います。
信頼する人の意見に耳を傾けること自体は否定しないけども、
主体性がないのであれば、むしろ企業としては雇わない方がよい人材なのでは。

口出しする親も問題やけど、子ども自身ももっと自分の意見を通したらいい。
親の古い常識を押し付けない。

相談に乗ってほしいと言われたら、本質的なことだけ伝える。

自分の判断と選択で就職し、人生を切り開いていく第一歩にしてもらいましょう。
コメント欄では違和感の方が多いようですが、私は強く共感します。

>どんな会社に入っても苦労はあるもの。そんなとき、親の反対で入社を諦めた会社があったとしたら、「あそこに入っていたらどうなっていただろう」「親のゴリ押しにもっと対抗したらよかった」と詮方ない後悔を、いまの会社で輝けない言い訳にするでしょう。<

>「頑張れないのは親のせい(自分のせいではない)」と、子どもに他責な理由を作らせてはいけません。<

>逆に、採用担当者側からの視点を勝手ながら代弁します。入社して欲しい学生の親が大反対しているとき、採用担当者の多くは、もしも会えるのであればぜひ会って直接説明したい、説得したいというのが本音ではないでしょうか。<

以上、強く共感したポイントです。

一点、
>多くの会社の採用担当者は、就活生の親をある意味「敵視」しています。<
敵視はしていません笑
就活生の親御さんへ。介入するならする。しないならしない。
一人っ子が増えたせいなのか、子離れできていない親、親への依存度が高い子供は、本当に意外に多いものです。いつまでも親離れできない人は不要というのは、そんな人間が少ない時代のこと。採用担当者にとって内定辞退は深刻な問題でしょう。こうした問題は新卒一括採用で起きるので、採用形式を常時採用にして新卒に過度に依存しないようにするべきです。現在は労働力の流動性が非常に高くなっているので、優秀な人材を中途採用できます。ただ社員が中途で辞めるケースも多いので、個別のケアは丁寧にして、社員が会社から大事にされていると感じるようにした方がいいでしょう。
普段は信じて見守り、子どもが助言を求めてきた、ここぞというときに、的確なアドバイスができる親でありたい
親の反対や家族の反対は本質的には自分で意思決定することからの逃げだと思います。過去に起業を迷った際に、同じような言葉を自分でも発していました。ただ、家族も親も大切な存在なので理解してもらえるようにちゃんと説明するのはすごく大事ですね。そこに本気度があれば、応援してくれる時代かなと思います
他にもコメントされている方と同じく、ご両親が介入されるケースが記事になる時代なんだ…と驚きました。

就活生ご本人とご両親が持っている情報をそろえること
就活生とご両親の時間軸の違いも認識すること

が重要かと感じます。