新着Pick
884Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リーダーシップのあり方として、まず不自然では難しいと考えています。
トレーニングされたリーダーシップなどがそれに当たります。

結局のところ人間は生きてきた中での様々な経験(ポジティブでもありネガティヴでもある)から精神や思考が形成されます。
それに合わないリーダーシップは不要だと思います。

最近まさにこの手の相談を受けましたが、リーダーに向いてない人なんていなくて、自分のリーダーシップはどういうタイプなのかを自分で知るところから始めればと言っています。
それが分からなくて、啓蒙本を読み漁って、そうかこれだみたいにして苦心してリーダーシップを発揮しようとしても、多分チームメンバーは違和感しか感じないでしょう。

リーダーになった瞬間に人格が変わるなんてあり得ない。
その意味ではその人らしさがキーワードではないかと思います。

一方で企業経営にフォーカスすると、カメレオン的なリーダーが最も優れたリーダーであると言えるかもしれません。
カメレオンは外部の環境に合わせて自らの体色を変えることが出来ます。(正確には体色変化の理由はそれだけではないらしい)

つまり経営者として外部環境を敏感に感じ取り、事業のあり方を変えていくことが出来るということです。
意思決定の基準がコロコロ変わると困るのは間違いないのですが、生き残っていくためにはその感度が必要かなと最近強く思います。

安定成長している間も常に感度を高くしておく。
これって相当大変なことだなと書いていて思いました。
スタンフォード大学ではいろいろな学部でリーダーシップ論が教えられていますが、今回のプロフェットでは、心理学者のスティーヴン・マーフィ重松氏が医学部で教える、リーダーシップ論について話しを伺っています。


アメリカ流リーダーが、いつも元気に満ち溢れ、とにかく自己主張をして、して、しまくる、というような強いイメージを持っていたので、自分の意見を示しながら、人に共感できる(EQが高い)アサーティブなリーダーが必要だという点はとても腑に落ちました。東アジアの文化をうまく利用することが重要だというメッセージは納得です。

そのアサーティブなリーダーになるためには、どんなことが必要か。記事でも一部触れていますが、本では5つポイントが紹介されています。

1)弱さを認める、2)役割性格を超える(部長、課長という肩書きを超える)、3)人と比べない、4)自分の生涯の目的を見つける、5)超・集中状態になる
私が、昨今優れたリーダーだと思う人に共通するのは
『自然体であること』
有能だから威張る必要がなく、他人を尊重し、初対面の相手の緊張感を解く温かさがある。

本記事においては完全無欠のヒーローではなく、
弱みや悩みもさらけ出すことで相手に親近感を与える人
つべこべ言わずやれ的精神論根性論でなくデータドリブンでロジカルな指揮が取れる人。それをNewtypeリーダーシップ、
アサーティブリーダーというようです。
今年鎌倉で行われたスティーヴン・マーフィ重松先生のマインドフルネス授業に参加させてもらいました。その際にもリーダーシップの話が出ましたが、上からみんなを引っ張っていくというのは、とっくにリーダー像としては終わっているのですよね。

記事の中では、aggressiveとpassiveの間にassertiveが置かれています。assertiveの特徴の中でも「自分と人を尊重する」点はこれから非常に重要なものになると個人的には考えています。以前、NewsPicksの記事内でもコメントさせて頂きましたが(※)、これから必要な力はLQ(Love Quotient)になります。その時に必要な要素が、自他に思いやりを持てること。

※【完全解説】子どもの才能が科学的に伸びる、子育ての原則
https://newspicks.com/news/4321085/body/?ref=user_730134
昔は、脳の命令に従う手足としての労働や、チームだったのかもしれませんが、もちろん全体のリーダーはいても、それは「役割としてのリーダー」。

「この人についていきたいという偉大なリーダーを探すのではなく、自分自身の中にリーダーを見つけなくてはいけない、これこそが新しいリーダーシップだ」と記事にある通り、個々が自ら変え動く事が求められる時代に。

実は誰しも思考はするし、意見もある。
でも、それを表明する「勇気」、実行する「勇気」が日本には圧倒的に足りないなと。「勇気を称える」文化もですね。

「自分の考えをもとう!」とか、教育でよく聞きますが、個人的にはそれを「外に出す勇気」こそ、育てていく事が大切だなと感じてます。
良いリーダーとは 状況やフォロワーの状況によってリーダーシップのスタイルを変えられる人だと思う。
変革のスピードが速い今、いつも同じスタイルで変わることのできないリーダーは、フォロワーを失うことになる。
リーダーシップには色んな形があっていいとは思いますが、記事にあるような「アサーティブリーダー」はこれからの時代でWorkする形の一つだろうなと思います。

たとえば私がBCGにいた頃、メンバーを尊重/信頼し上手くレバレッジできるのがよいリーダーだと言われていました。
なぜなら、
・全てをリーダー自身がこなしている時間がない
・メンバーの方が、与えられた論点に対し考えている時間が長く、一次情報のファクトに多く触れている
ためです。

また、最近のスタートアップを見ていても、自分の得意でないこと/わからないことは、思い切って周りに助けを求められる経営者が増えているように思います。

リーダーだからといって、
「部下より全て勝っていなければならない」
という強迫観念にとらわれる必要はないと思います。
「自分より得意なこと/詳しそうなこと」が何かを見極め、いいところを引き出すのもリーダーシップの1つです。
面白い言葉でした。
アグレッシブでもなくパッシブでもなく、アサーティブなリーダー。

白・黒をハッキリつけて引っ張るのではなく、灰色を許容して向き合い表現して求心していく時代だと思うので、

キリスト教的リーダーシップではない、日本人的リーダーシップに誇りを持つべき時代にいよいよなればいいなぁ。
組織を動かす方法の両極端は、権威・カリスマ性を使ってやるか、合意・コンセンサスを使ってやるかの二つでしょう、たぶん。権威で組織を動かすと、動きは速いが皆が納得して動いているかどうか分かりません。やらされ感がでて来ると、効率は落ちるし心を病む人だって出かねません。ビジョンを示し議論を尽くして合意を得て動かすやり方は、時間はかかるが人々が納得して動くので、合意ができれば組織は最大の効率を発揮する。但し、合意が得られず何も動かないことだってあり得ます。
恐怖を抑えて突撃精神を発揮しなければならない時代の軍隊や大量生産時代の企業は、権威を使って動かすのが便利で効率的だったけど、複雑で個性に合わせることが重要な時代になると、それでは組織は動かない。権威を抑え「アサーティブ(自己主張する)」であることで、両者の中間的な組織運営方法を取ることが重要な時代になったんだな、なんて感じながら読みました (^^;
変化の激しい現代においては一人で出来ることは限られます。求められるリーダーシップの在り方は組織のステージやメンバーの特性により変わると思いますが、リーダーとして絶対的に貢献できる領域を持つ事と同時に、メンバーのチームへの貢献意欲を高めるリーダーシップは重要です。

オーセンティックなリーダーシップを磨く上で最も大切なことは自分の「弱さ」を認めること。なるほど。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。