新着Pick
164Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
奥田氏は小中高大(小中高は公立)の同級生(ちなみに小学校ではマネックス・松本大氏も同級)で、今回の就任は同期として誇らしいです。
難しい局面でのCEO就任ですが、バランス感覚のあるナイスガイなので心から応援したいと思います。
野村の歴史の中で、大田淵さんよりも社長在任の長かった永井さん、これまでも辞任のタイミングが難しかったでしょうね。奥田さんには、資本市場のリーダーとしての矜持を持って、新しい野村を作ってほしいです。
8年ぶりとは。長かったですね。
奥田さんは何度かお話させていただきましたが、とてもバランスが良く、物事の全体像と本質をすぐにとらえ、すごく上手にコミュニケーション取られる人と思いました。
同じ業界にいる身として、学ばせていただきながら、切磋琢磨し、構造改革を迫られている今を乗り越えたいと思います。
気になる点が3点。1 会長として永井氏は残ること。変革スピードUPになるのか 2 この時点でなぜ開示? 3 2のことを考慮すると、いまから業績の膿出しが始まる!? 学術研究では社長交代後に、早めに業績の膿を出す傾向が見られ新出発している感じを出したくなるようなので… この後の野村の痛みを伴う大きな改革を、更にどんどん出していきそうな予感
この時期にトップに就任するのは、相当厳しいと思います。

ネット証券に押されっぱなしの野村證券。
ドイツ銀行をはじめとして、投資銀行部門も縮小しています。

逆に、勇退する人はラッキーでしょうねえ。

新社長は、逆境を跳ね返して頑張っていただきたいですね!!
来年4月の人事を、12月頭の現時点で開示するに至った背景が気になる。また永井氏は退任ではなく、取締役会長として残る。6月の株主総会で、奥田氏は取締役にはなるだろうが、株主総会事項なので、今回の4月時点での異動については載らない形なのだろう。
これまで永井氏直下は代表執行役副社長の永松氏で、1958年生まれの61歳。永井氏は60歳で、就任後の任期などのバランスも含めて、直下ではあったものの候補ではなかった?(単なる推測だが)

永井氏:取締役代表執行役社長グループCEO→取締役会長
奥田氏:執行役副社長兼グループCo-COO→代表執行役社長グループCEO

開示:https://www.nomuraholdings.com/jp/news/nr/holdings/20191202/20191202.pdf
野村ホールディングスは、永井CEOが退任し、新たに奥田副社長がグループCEOに就任するトップ人事を発表しました。

情報漏えい問題の影響で野村證券が主幹事から外れる動きが相次いだこともありました。
【野村証券を主幹事から外す動き 社債発行予定の企業で相次ぐ】
https://newspicks.com/news/3927101
【野村証の主幹事外し拡大、ホンダFやコマツ社債ほか財投機関債も】
https://newspicks.com/news/3926045
【郵政株売却主幹事、野村が外れる 大和・GSなど6社を選定】
https://newspicks.com/news/3939115
【東京電力が野村証券を外す、社債1200億円主幹事-震災後で初めて】
https://newspicks.com/news/4011157

永井CFEOの再任には反対する声が上がっていたこともありました。
【野村HDの永井CEO再任に反対推奨、助言会社ISS-株主総会】
https://newspicks.com/news/3968909

野村証券は「担当を富裕層向けと一般投資家向けの二つに分けて国内営業部門をてこ入れ」を行うなどし、収益改善を目指しているところでした。
【野村証券、営業体制組み替え 収益改善、不祥事が逆風】
https://newspicks.com/news/4079194
本日の当社兜クラブでの記者会見(auカブコム証券発足)が本件で消し飛んでしまった所感(涙)....。
トップ人事について、国内リーテルと海外ホールセールの振り子が継続している、そう理解しました。手数料に対する低下圧力が緩和するとは思えませんので、国内ではシェアアップを、海外ではニッチをしっかり押さえるという形がいいでしょうか。りそなと合併してもいいと思いますがどうでしょうか。
ついに長期政権が終わりました。色々批判されましたのでさすがにしょうがない
野村ホールディングス株式会社(のむらホールディングス、英語: Nomura Holdings, Inc.)は、東京都中央区に本社を置くアジア最大と同時に世界的影響力を持つ投資銀行・証券持株会社である。キャッチコピーは「Basic & Dynamic」。みどり会の会員企業であり三和グループに属している。 ウィキペディア
時価総額
1.97 兆円

業績