新着Pick
1260Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私は自分の情熱をもって取り組める新しいビジネスを思いついたのなら、是非独立して起業してほしいなと思います。
記事にあるように、「失敗しても生活が揺るがない」「大企業の信用力をレバレッジできる」というメリットは確かにあるかもしれません。
しかしながら、新しいビジネスを成功させるには、非常に高い熱量と覚悟が必要です。

受託ビジネスを回しながら新規事業を作っているスタートアップが調達相談に来た時、VCが「成長のギア」を変えられるのか、その覚悟があるのか、をよく気を付けて見極めるのに似ています。
なぜなら、新規ビジネスには必ず苦しい局面が訪れますが、その時にどこまで粘れるか、本気でやり切れるかが非常に重要だからです。

なお、仮に起業してうまくいかなかったとしても、想像しているよりリスクは低いと思います。
優秀なチームであれば、そのままチームごと欲しい大企業にExitすることもできますし、解散したとしても、起業してチャレンジしたことはキャリア上プラスに見られることが多いです。
間違いなくその通りだと思います。

私もジンズで新規事業開発をずっとやっていますが、
日本では

・会社全体で総額600兆円くらいの内部留保をしていて、
・CVC立てても投資先に困って、新規事業開発ミッションを募集し続けてて

社内の多くのリソース(ヒトモノカネブランド)を使って大きな影響力のある商売を作る、という醍醐味はたまらないものです。

ガハハとしてるアントレプレナーよりも、ニヤリとしたイントレプレナーに私は魅力を感じます。
(今の仕事でろくに結果を出してない中で新規事業だけやりたい!と主張する人は論外ですが、、)大企業の中で社内企業をやったことある人は間違いなく採用マーケットでの価値も上がりますし、個人的にもおすすめです!
この度、NewsPicksパブリッシングから『新規事業の実践論』を上梓した「ビジネス・ブッタ」こと麻生要一さんの寄稿です。

数多の新規事業を手掛けてきた麻生さんの素晴らしいところは、常に「軽やか」であること。僕もあなたも、みんなできる。そのためにはこんなノウハウがあると教えます。
大企業での新規事業開発は既存事業で培った信用力や販売力を活用出来るのが良いところ。
0→1とは思えないような意味分からないくらいデカイ数字目標を背負わされがちですが。。
そう自分の体験からしかWILLは生まれない「これだけテクノロジーが進化し、ビジネスの知見が蓄積された時代に、それでも解決に至っていない課題の多くは、「これまでの成功体験」が一切通用しない構造…そういう根深い課題の「ゲンバ」に、肩書や所属、実績を捨て、「一人の人間」として向き合った瞬間に感じるすべての感情こそが、原体験化に通じるプロセスの1つになる」
社内起業賛成です。加えて、兼業・副業での起業も賛成です。いろんな形があってよいと思います。