新着Pick
110Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
3桁成長はすごい。確かに自宅ではタブレットでいいと感じています。
毎年PC→タブレットの期待が新製品出る度に言われますが、ipad自体のOSが出来たのも今後より期待高まるところです。
少し前は、尻すぼみになるかのようだったタブレット。
(帯に短したすきに長し、と揶揄されていました)

記事にあるように、値段が安いのは大きな魅力ですね~。
最近のMacBookは値段が高くなりましたから。

あと、スマホ感覚で使えるのが、スマホユーザーにとって使い勝手がいいのでしょう。

動画配信サービスが増えてきて、大きな画面で観たいというニーズも増えているでしょうし。
iPad Pro。周りもモバイル機にしている人が増えました。
MacBook Airの11インチも無くなったのも、選択肢に入った理由の一つだと思います。
現在のiPadはタブレットからPCへと変化しようとしています。

その一つがマウスの許容です。
最新のiPad OSによりマウスが使えるようになっていますが、資料を作ろうとすると、マウスの解像度が不十分でかなり大変です。

また、ファイルも「ファイル」というアプリ上に置けるようになっていますが、PCのようにデスクトップに配置することはできないので、やや使いにくいです。

Appleとしては、PC市場をも飲み込みたいということかもしれませんが、タブレットはタブレット、PCはPCと棲み分けした方が良いと思います。
僕は以前からPC、タブレット、スマホを使っていますが、最近はPCとスマホ利用が中心で、タブレットは使っていません。
かつては、PCでしか仕事をしなかったのですがww

メールやチャットなど、テキスト入力が主体ならば、両手でのフリック入力をマスターすることで、PCよりも気軽にかつ素早く対応ができます。
ビジュアル化が必要なケースでは、PCの利用が不可欠で、やっぱりPCはPCで手放せません。

移動中の思いついたときにテキストだけをまず作成して、オフィスでPCを起動してまとめ上げるようにしています。

3拠点(新潟・渋谷・本社)で活動しているので、オフィスに戻ったときにメンバーとの会話の充実がとても重要だと感じており、PCとスマホの分担は一定の効果が出ています。

自らの当たり前だと感じていた動きを進化させることで、様々な気づきが得られ、仕事を円滑に進める方法も模索し続けられますね。
記事のグラフ見ると、3桁成長とはいえないのでしよう。タイトルはミスリーディング。増税後の週10/7以降では、タブレットは前年比10%増程度です。9/30増税前後が混ざってるので、その次の週から見るのが良い。
タブレット端末と書いてありますが、BCNのランキングを見るとAndroidは関係なく、iPadのことですね。増税後に3桁成長とありますが、9/30日週だけで、その後はずっと2桁成長ですね。

Androidタブレットが4万くらいで、もう少し充実してくれると選択肢になるのですが、第7世代iPad位しかまともなタブレット端末が無いので、そこに集中してしまいます。
タブレットにキーボードを付けるならノートPCで良いじゃん、というマインドセットから抜けれない。
株式会社USEN(ユウセン、USEN CORPORATION)は、主に業務店向けの「IoT プラットフォーム事業」「音楽配信事業」「エネルギー事業」などを行う企業。 ウィキペディア

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
154 兆円

業績