新着Pick
748Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Googleは2006年に、YouTube16億5000万ドルで買収しました。生まれて1年半の会社にそんな大金を支払う価値があるのかという話もありましたが、その後のYouTubeの躍進を見れば、安すぎる買い物でした。

そのGoogleがYouTubeの次に当たるものを探している、その一つがファイアーワークです。アプリは2018年にローンチしたばかりですが、だからこそGoogleはまだライバルがいないうちに手をつけたいということなのでしょう。
また、ファイアーワークの他に、GEMIというアプリもリリースしました。これは世界で初めてスマホの表と裏のカメラで同時撮影ができるものです。セルフィーのように自分を入れ込んで背景を撮影して、腕が画面に入ってしまう…ということは起きません。個人的にはレポート用(相手の表情や写したいものと自分の顔が同時に撮影できる)で使える機能だと感じました。いかにクリエイターが創造性を引きのばせられるのかが、アプリの寿命を左右するーこう話していたビンセントCEOの言葉をあらわしているなと感じました。

GEMI:https://www.instagram.com/gemiapp/?igshid=s1ehudr1v0gd&fbclid=IwAR0nDWRLfm0NWj-eW5zGIqOTDpxCqZA6zh3FQ1cLOquH9z0nvTR1kYCb7Yc
下記は興味深い言及。コンテンツプラットフォームにおいて、作る方と見る方のバランスをどこで取りに行くか。作る楽しみもあるなかで、一方で見る側からすればノイズにもなりうる。
『ちなみにコンテンツクリエイターの比率が高いサービスほど、コンテンツのクオリティは平均的に低い。そしてクリエイターの比率が低いほど、クオリティは上がっていきます。』
尺の長さとコンテンツクリエイターの比率を分析し、空白地帯にファイアーワークを作った。極めて戦略的です。


ファイアーワークは30秒という尺で、クリエイター比率は15%という想定です。

コンテンツの質を上げるため、編集アプリ「Reveal」を作るというきめ細かい対応もよく練られたものですね。
尺の長さとクリエイター含有比率という指標を掛け合わせてセグメントを作り出すのは面白い。市場の定義と適切な打ち手は創造力がないとうまく行きません
日本においても長尺はYouTube、AbemaTVと激戦だが、30秒尺というとあまり思いつかず空白地帯。

この会社はGoogleかFacebookあたりにEXITなのか、単独で上場までいけるか。
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。