新着Pick

口が軽い人が「誰にも言わないで」を無視する訳

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
217Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ひとたび話をしたら、秘密の約束をしようがしまいが「拡散を覚悟」すべきです。 仕事でもプライベートでも同じ。
もし秘密を終生守ってくれる人がいたら 感謝するしかない。
でも、そのヒトも「誰にも言わないで」の話をワタシに言ってますからねw まあ、この記事の通りでもあるし、基本的には「話したら漏れる」というもの、だと思って、秘密の話をしています。ワタシも。
「誰にも言わないで」
なんて前置きをされたら、よけい誰かにしゃべりたくなるのが人間心理でしょう。

その結果、尾ひれが付いて
「社内の噂、一の真実百の嘘、悪事千里を走る」
になってしまうのです(笑)
3つの特徴は、そうだろうなと納得です。参考にしようっと ( ..)φメモメモ
とはいえ秘密の話は、話す必然性・必要性があって、秘密を守ることが相互の利益に繋がる相手だけに止めて置くのが無難かも。「この人は口が堅いか、軽いか、総合的な視点から見極め」て、必要もないのにこの人になら話して大丈夫と思った時点で、話す当人が口軽の特徴を露呈しているかもね (^^;
「誰にも言わないで」と言いながら複数の人に話している人をむしろ見かけます。
この手の話題、沈黙は金派です。
本当に口が軽い人は、
誰にも言わないで→誰かに言いたくなる
という誘惑に勝てないのです。

気をつけた方が良いのは、普段、色々タダで人に仕事のノウハウを聞いたり、人を紹介してもらっている人ですよ。
そういう人が、普段仕事でお世話になっていながら、お礼の一つもしないでいると、貸し借りがアンバランスになっていますから、誰にも言わないで!と言われても、黙っていてあげる筋合いがないと思われます。
その誰にも言わないで!の内容が価値があれば、それを誰かに情報として提供することで、日頃のアンバランスの是正をされるケースが多いですね。
「誰にも言わないで」ということによって、「あなたは特別だから教えます」というスペシャル感を演出しつつ、秘密保持義務に違反したときは精神的な「貸し」を作れる、便利な枕詞ですね。
これ読んで、自分の友人知人をカテゴライズした人がたくさんいそうだw
もちろんボクもやったしw
「ここだけの話なんだけど〜〜」と話してくる方は、他のいろんな方にも同じ話をしてるんじゃないか、と思ってしまう。

そのくらい「ここだけの話なんだけど〜〜」の言い方に慣れている気がします。
誰かに話した時点で、誰にも言わない話ではなくなっている。