新着Pick
184Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国家にとって、税制は国の未来の方向性を決めることのできる数少ない強力ツールなので、徴税をいかにするかというポピュリズム的なパフォーマンスよりも、どこを優遇するべきかみたいな話が多いと前向きで嬉しいなとは思います。

税制は合理的なものでも、公正なものでもなく、取れるところから取る、取りっぱぐれないようにする、が鉄則だと理解してます。会社は誰のものかの議論はさておき、株主に利益残すと考える組織と、利益を減らすという組織があれば、延々と平行線をたどるだけ。恐れも何も、イタチごっこは古今東西続くものかと。
良いとか悪いとかの議論ではないように思っている方です。
税制については、コメントしてて切なくなってきますね。言ってもせんなきことかな。
日本の外に住んで、働いてみると、日本企業の税に対するおおらかさが特筆したものである事がわかる。米国も中国もその他多くの国においても言葉にこそ出さないが「税は悪」といったビヘイビアのほうが一般的だと感じる。それは米国人も華人も欧州人も移民ルーツでありそもそも国民国家に対する帰属意識が相対的に薄いとか色んな要因はあるのだろうが理由はともかくファクトはそうだとするならば、グローバル経済におけるゲームのルールがそうだという事になる。ナイーブな是非論ではない、となる。
それが良いことか、幸せか、といった事はともかくとして。
SBGはマルセロ、ラジーブミスラが孫さんの両脇を硬めボードの過半数が外国人であり、収益構成も事業内容も海外が主である日本で最もグローバル度の高い企業の1つ。他方でGAFAなどのグローバル企業の実効税率は20%台程度。批評家は外から論じていれば良いが、そういう経営環境のなか自分が経営者ならどう振る舞うか、そういう話だろうと思います。
私は節税という言葉は好きでないです。

納税は国民の義務の一つです。
そして、国にとっての重要な財源です。
また、私たちが生活する、仕事をする上では無くてはならないお金です。

お金の循環ということを考えれば、一般的に多くの収入を得るということは、社会基盤を多く利用していると言っても過言ではありません。
それならば、社会基盤の構築や安定に資金を多く出すのは、道義的にも自然の摂理から考えても当たり前のことです。
その当たり前が分からないのは果たして社会の一員なのか疑問です。

自営業者の中にも、私的なお金の使い方を経費と偽って計上しているケースは多く見られます。
その一方、税金の使い方に納得できないから、払いたくないという話も聞きますが、税金を払う理由にはならないです。

法律やルールだけでなく、個人も企業も誠実さを持って暮らせるような社会になってほしいです。
税金のもんだは複雑でわかりにくい。特に日本では同じ組織で働く人が常識になっているから、普段から税のことは「源泉徴収」などということでほとんど何もしない人のほうが多いのかもしれない。

一方で、こんなに金利が低い時代、貯金をどうするかの問題についてはいろいろ工夫することができる。多くのサラリマン的な方たちはせいぜい大銀行などの定期預金であることが多いのかもしれない。

でも節税、株式投資などを進める政策もこの2,30年は政府からも積極的に導入されてきた。でも一般世帯ではどのていっどこれらか普及しいているのだろうね。

政府も「節税封じ」といっても対象になる人たちはどの程度なのだ折るか?

この記事に書いてあるような富裕層には海外の不動産投資などをしている形も結構多いのだろうと思う。

政府の財政が複雑になればなるほど「抜け穴」を使う一部の人たちは、皿井抜け穴を探すだろう。

だからこのような「節税封じ」の効果は一時的である可能性が高い。どちらにしても、世界の関係はグローバルとなっているので、「モノ」とは違ってお金はネット上で世界を動く。

従来の国の政策は国内だけで考えがちだし、対部分の国民にとっても生活基盤は国内なのだ。

一部の金持ちばかりが得をする、これが世界のヒソカが動きであり、最近になって「定年に時の2,000万円」問題もあったし、がっちりとした政策で対応してほしい。

ピケテイさんが指摘したように金持ちはどんどん金持ちになる、日本を含んだ経済先進国の中間層の収入や財産が伸びない、これがこの30年の世界の実態なのだ。

検討する価値はあると思うね。企業な税制の有利な場所へ本社を移動させるといった方向に動くだろう。

個人としては??何ができる?子供、孫を海外に出していく?国はこんなになったら困るだろうね。でも個人には、選択肢にはなりうる。

もう一つには2重国籍はどうなのか?検討する価値はあると思うね。
あからさまな節税目的について規制をかけるようです。
「ソフトバンクGの節税策、財務省が抜け穴封じへ」(日本経済新聞、10月19日)
https://newspicks.com/news/4315031
節税に利用されている子会社の社員はやるせない気持ちかも知れません。ただ、ソフトバンクの場合は、税金を払うよりも節税したカネを有効に使った方が全体的にプラスの効果が大きそうです。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
7.87 兆円

業績