新着Pick
970Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
・「風通しの良さ」
・「20代の成長環境」
・「社員の士気」が高い企業は、時価総額が伸びてる、と。

つまり、年上世代がごっそり上に固まり、権限と高い給料を独占する組織では、若手は労働搾取されるだけで、昇進しにくく、なかなか成長実感がなくて、士気も上がりにくい、というわけか。

結局、どんな大きな企業も、やはり人と、人のやる気で動いてるのだなぁと組織づくりの重要さを実感。
ファイナンスの話ではないので、あまりツッコミませんが、30年自体が既にオールドエコノミーであり、
ワクワク感がしないのは、気のせいでしょうか?
GAFAのうち、アップル以外は30年前にはまだ無かったことを考える方が、
本質的だとは思いますが。

引用
【平成30年間で最も時価総額を増やした企業10社】トヨタ自動車、キーエンス、日本電産、ソニー、任天堂、武田薬品工業、信越化学工業、ダイキン工業、本田技研工業、村田製作所 【平成30年間で最も時価総額を減らした企業10社】NTT、東京電力HD、野村HD、日本製鉄、新生銀行、関西電力、東京ガス、パナソニック、中部電力、大和証券グループ本社
時価総額を大きく伸ばした企業では、
・「風通しの良さ」
・「20代の成長環境」
・「社員の士気」
といった項目で数値が高い
企業文化が企業の成長に大きく貢献することの実例。
社会環境やコンペティター、法令 顧客の嗜好などの外的要因と企業内の内的要因に基づいて企業は戦略を変える。 変えるための発信力、実施するための組織は、良い企業文化により影響を受け形成される。
企業文化はリーダーの強いコミットメントと行動により時間をかけて作り出される。  30 年と言う期間が長いから短いかは議論のあるところかと思うが、興味ある内容。
平成30年間で最も「時価総額を伸ばした企業」と、「時価総額を減らした企業」の差はなんだったのかー? 膨大な従業員データを誇るOpenWorkの協力を得て、出てきた答えは意外な要素、風通しの良さ、そしていくつかの項目でした。
ぜひお楽しみください。

『OPENNESS 職場の空気が結果を決める』ついに発売です!
「職場の空気」という要素で分析していますね。

ただ、業界全体が上昇基調にあるときは「職場の空気」は良くなるけど、下降線にあるときは悪くなるのが当然です。

業績不振のため「賃金が上がらない」早期退職勧奨というリストラがある」・・・等々の業界は職場の空気も重たいものになります。

確か、平成元年は世界レベルで見ても、日本の大手銀行が上位にずらりと並んでいました。
みずほの旧3行を併せたら、ダントツの世界一だったはずです。

かように、何が「原因」なのかはわかりませんし、強い相関関係があるかどうかも不明です。

しかし、様々な仮説を立てることは有益で、考えるきっかけが与えられます。
当たり前のことができない。

風通しの良さなど、労働環境は大切。わかっていても、できない企業はたくさんあります。

ただし、これらの調査はあくまでも結果論。企業が成長するための要因の一部。

優れた企業戦略や、一人ひとりの当事者意識なども重要ですね。
世界全体でどうだったのか、どの企業が伸びたのか知りたいと思いました。
関係性の質が成果(たとえば時価総額)を左右することがはっきりわかり興味深い。心理的安全性というと、話がふわっとしがちだけれど、このエビデンスは明確。
現在のファイナンス論の効率的市場仮説では、特定の株式の株価変動は、すぐさま代替資産の登場で吸収される。結局、株価は企業の本源的価値を表さないとする。

つまり、時価総額の意味は限定的であり、時価総額の向上だけを目指すのは歪んだ経営だ。