新着Pick
134Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
つみたてNISAは良い取組です。

未だに、投資はギャンブルと思われている節がありますが、投資というものは重要な経済活動の一つであり、生活の一部です。

投資によって、世の中にリスクマネーが供給され、その資金で企業が活動するため、社会の成長に繋がるのです。
そして、投資家にとっては、損失を出すこともありますが、利益を出すこともでき、個人においては、老後の不安の解消に繋がります。
投資においては、一般的に分散投資と長期投資が大切であり、これにNISAが対応し、かつ、資産形成にとって大切な積立にも対応したことは、素晴らしいと思います。

蛇足にはなりますが、
預金と投資のように区別されますが、広義には預金も投資の一種です。預金は預金債券であり、銀行にお金を貸しているのです。日本の預金にはペイオフの制度があるため、1金融機関1000万円までは補償されます。しかし、それを超え、金融機関が破綻した場合は、1000万円を超える部分については債権者(預金者)に対して、残った資産から配当がなされます。
ですので、預金も広義では投資の一部と言えます。
「育てる」という観点からは相応に長く時間がかかるもの。資産もまた例外ではない。短期で投機的にゼロサムで勝った、負けたとやるのを否定こそしないが、長期投資、プラスサムで資産を育てるのとは全く別もの。
積立投資の効能について、わかりやすい記事です。
「年間24万円(月あたり2万円の計算)を20年間投資するケースを考えてみましょう。日本の株式市場はこれまで年間平均6%の利回りがありましたから、毎月、投資した金額はそれぞれ年率6%で増えていくことが期待されます。20年後の金額を計算すると、何と960万円にもなります(ちなみに無利子の貯金だけでは480万円です)」
投資、しましょう。少額でもみんなが投資家になれば世の中変わりますね。