新着Pick
191Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
感謝祭の翌日の金曜日はリアル店舗でのショッピングが伸びて在庫がなくなるため、ブラックフライデーと呼ばれていました。翌週の月曜日はサイバーマンデーと呼ばれ、オンラインショッピングが伸びる日とされていました。

しかし今や、感謝祭も、ブラックフライデーもオンラインショッピングに移行しているという記事です。

「リアル店舗のほとんどが閉店する感謝祭当日を家で過ごす消費者が、モバイルからEコマースを利用することで、サンクスギビングデーの存在感は高まった」と。

「セールスフォース・ドット・コムによれば、今年のブラックフライデーはオンラインでの売上高が74億ドル(約8100億円)に達する見通しで、前年を16%上回る」とブルームバーグが報じています。

米国では感謝祭後最初の土曜日をスモールビジネスサタデーと呼びます。これは近くのスモールビジネス店舗でショッピングや食事をし、地元のスモールビジネスを支援しようという動き。これを提案し全米に広げたのは、国際カードブランドのアメックスです。今や米国の公式イベントになっています。
冷静に考えると、直接見ないで買うというのは、製品を理解するのに画像データで十分わかるか、製品のブランドを信用しているか、あるいは返品が容易かが背景にあるのでしょう。これって結構すごいことですね。
 そして、今年も遅配が問題になるのか、気になります。
数字は絶対値を見ないといけない。

https://transcosmos.com/jp/2019year-end-sales/

上記によると、2018年の年末消費は、
717 ビリオンドルとある。

オンラインが、2019で、143.7ビリオンドル。
ここから、全体の伸びが良く分からないので、
コンサバで10%くらいだとすると、約130B

するとEC率は18%即ち82%の人は、店で買っている。
恐らく日本の2倍くらいでは無いか?
米国は、売り上げも毎年5%伸びている。

中国は、統計が良く分からないが、もっと遥かに高い
と中国の友人は言う。感覚的で申し訳無いが。。
知らず知らずのうちに人はデジタルな情報を信じてお金を払うようになっている (@_@。
デジタルな市場に陳列されていないものは存在しないのも同然で、お金を払った瞬間、そこにモノはなく、情報が信じられなければ買い物も出来ないわけですからね (^^;
それはともかく、個人消費がGDPの7割を占めるアメリカ。米中貿易戦争で製造業を中心に投資が停滞気味になるなか、良好な雇用環境で賃金が上がった個人の消費が足元の堅調を支えています。このクリスマス商戦の行方が今後を占う一つの柱。チャネルは変わっても、元気に推移してくれるといいですね (^.^)/~~~フレ!
アメリカの感謝祭休暇は、本当に楽しいです。
感謝祭当日は、家で家族で七面鳥を食べるのですが、お店は殆どお休みで、晩秋に別れを告げる感じです。
そして、翌日からはクリスマスイルミネーションで、一気に冬の訪れという感じで、ブラックフライデーで気分が盛り上がって買い物を楽しむという…

アメリカの友人に聞くと、感謝祭当日、家族や友人同士で、何買う?と、会話が盛り上がってネットサーフィンして、Eコマースでお買い物!となるらしいですね。

私も、昨日、ホテル予約サイトでセールでホテルを予約しました!サイバーマンデーのおかげで、今まではセール対象でなかったものがセール対象になり、アメリカの感謝祭ショッピングは益々盛り上がっているというわけです。

ちなみに、留学生などは、アメリカの友人が自宅に招待してくれます。これも長い間の慣習です。だから、もしアメリカにいたら、是非感謝祭を楽しんでください!
アリババの2019年の独身の日の売上は、単独で「4.2兆円」です。

それを、普通に運用しているアリババのインフラの強さを実感するこの頃です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
感覚的に多い印象でしたが実際非常に多いですね。より両面での購買体験の最大化の大切さを感じます。
>BOPIS(バイ・オンライン、ピックアップ・イン・ストア)の利用者の82%が店舗で品物をピックアップする際に追加のショッピングを行っている
サンクスギビングの主役は、やはりメーシーズの伝統的なパレードだ。しかし、メーシーズの業績は、消費者のEコマースへのシフトにより、厳しい。華やかな伝統パレードと、その裏での苦境のギャップが、何か悲しい。
特に話題となっているのは任天堂Switch、iPhone11、iPad、Kindle、ギャラクシーS10などだそうです。
【米ブラックフライデー商戦、話題アイテムは任天堂スイッチやiPhone】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-29/Q1QOS7DWX2PW01

好調なオンライン販売の一方、リアルな店舗の行列は例年より少なくなっているとも報じられています。
【米年末商戦スタート、例年より行列少なめ ネット販売増などで】
https://newspicks.com/news/4425302/
「BOPISの頭文字で呼ばれる、ネットで購入し店舗で受け取る買い物のスタイル「バイ・オンライン、ピックアップ・イン・ストア」の普及も、Eコマースの売上増を牽引している。アドビによるとBOPISの支出は前年比33.2%の伸びとなり、伝統的小売業者がEコマース業者と戦うための有力な手段になっている。」
「BOPISの利用者の82%が店舗で品物をピックアップする際に追加のショッピングを行っている。」

業績