新着Pick
275Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
新規の加盟店主獲得のための施策だというのはわかりますが、人手不足がわかりきっているにもかかわらず、労働集約型のビジネスモデルをまだ続けるのですね。
 
フランチャイズを中心に展開している企業はいち早く今のアセットを利用した上でビジネスモデルを転換しないと、近い将来身動きが取れなくなりそうです。
ファミマは明らかにセブンと正反対の戦略に舵を切りましたね。

セブンが世間から叩かれているときこそ、チャンスとみたのでしょう。

戦略的には正しいですが、セブンと同じくらいオーナーが利益を上げられてはじめて評価される方策です。

とはいえ、「ファミマって優しいよな~」と思ってフランチャイズになる店も多いでしょうから、織り込み済みなのでしょう。
店主確保がなかなか難しいことを示唆しているようです。
最近始めた店主との整合性もありますし、覚悟の軽い店主が増えるかもしれませんので、基本的には運営費削減策を打ち続け、店主も持続的に儲かることを示すことが何よりの対策になると考えます。
300万では金が足りないけど、150万ならコンビニが出来ると思ってる人はやらない方がいいです。
サラリーマンと違って事業主は色々とリスクがあるので。もちろん、上手くやればリターンも大きいですが。
事業主になるには、せめて金融資産が1000万くらいは必要でしょう。
ファミマは実際はオーナーに複数店経営することを奨励しているので、大して影響はないのでは。
最近、ファミリーマートの取り組みが活発ですね。

新しい取り組みは、成功も失敗もあり、どちらかといえば成功は少ないとは思いますが、とにかくやってみることに意味があるので、すばらしいです。

最後に残るのは、ファミリーマートのような気がしてきました。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
新規出店は省人化、省力化を前提とした形態にした方が良いと思う。
コンビニと自動車は、地方の高齢化社会を支える生命線、だと最近実感。そのうち、地方からコンビニがなくなってくんだろうねー
ファミリーマートは、「新たに加盟店主になる際に必要となる資金を、300万円から150万円に減額する」とのこと。なり手不足を懸念しているとのこと。
株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部に上場されている大手総合商社、伊藤忠商事の子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.05 兆円

業績