新着Pick
105Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コンビニに集約という様な発送では無くキャッシュレス化社会を進める必要があると思います。社会が現金を使えば使うほどコストがかかります(そもそも円はマイナス金利、ATMのコスト、現金輸送コスト、現金への保険)。個人としても手数料を取られたり盗難リスクがあります。

新興国の例を見ると銀行口座を持てない人もキャッシュレス化のおかげで決済サービスを受けられています。
先進国の中でも公共料金などを銀行窓口で払っている人がいるのは珍しいです。
他国はハンコが無くても何も困っていないので、ハンコによる自動振替依頼書なども廃止したほうがいい。

https://newspicks.com/news/4062184/?utm_source=newspicks&utm_campaign=np_urlshare&utm_medium=urlshare&invoker=np_urlshare_uid289374
銀行は営利企業なので、不採算店舗を閉鎖するのはやむを得ないことです。

ただ、辺境地域で近くに店舗がないようなケースは、閉鎖する前にネット等で取引ができるよう手当をする必要があるでしょう。

コンビニのATM手数料も引き上げているようですし、「コンビニがあるから大丈夫だろう」というのはあまりにも無責任。

ネット対応ができないなら、「解約して近くにある銀行等に預け替える」ことを勧めるくらいはすべきです。

今までの銀行の常識からすれば、「他行への預け替えの勧奨などとんでもない」ことかもしれませんが、時代が変わってきているのです。
ユニバーサルサービス義務を負っている日本郵政グループはさておき、地方の非効率店舗削減は進むでしょう。
記事では顧客サイドの防衛策を紹介していますが、銀行サイドからしてみると銀行代理店規制の緩和がより効果的ではないかと思います。
現行規制だと、コンビニの代理店化は困難ですので。
今日は下記が報じられております。店舗の統廃合が進んでいます。
【加速する店舗リストラ、関西地銀のサバイバルレース】
https://newspicks.com/news/4422861

銀行の窓口にいかなくては出来ない手続きは以前より減っていますし、ご商売をされている方でなければ店舗がなけれ困るというのはあまりないのかなと。とは言え特に地方はまだまだ現金社会なのでATMが近くにないというのは特に高齢者にとっては不便だと思います。
まずは、預金額が平均値くらいであれば、銀行は絞りましょう。あとは、ゆうちょ銀行。
ご高齢で、資産家でない限り、2つ口座があれば充分です。
その上で、どうしても窓口でないとダメなもの以外は、窓口は使わないようにします。
いざという時には、そこそこ残高があれば、金融機関もそう無下にはしないはずです。

私、昨日、マンションの決済の為、数年ぶりに銀行の窓口を使いましたが、マンションの決済ならばしょうがないと思いました。けれども、随分お客様も少なくなりましたけどね。
まだ、窓口をそんなに使っている人がいるのでしょうか?
生き残る可能性の高い銀行を選択しなければいけない時代となりました。

長年、規制に守られてきた銀行業界の終わりの始まりが始まった感じです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
生産性の向上の仕組みって、人が減るか、人件費が減るか、なんだよね