新着Pick
152Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
山高ければ谷深し。足元の企業倒産を見ても、小売業は5カ月連続で前年同月を上回るなど、さらなる増加が懸念されている状況。予算増はもちろん歓迎だが、それだけ来年6月のポイント還元終了後の反動がやはり心配になる
増額というのは、想定よりキャッシュレス利用者が増えたということで、グッドニュースです。
が、まだキャッシュレス化が十分でない現実を考えたら、弱腰だったというように読めます。
政府は、キャッシュレス化から【キャッシュゼロ化】を目指すくらい気合を入れて欲しいですね!

個人的には、会社の経費精算をキャッシュゼロにして欲しいですねー
出す側も受ける側も生産性が悪いですからね👎
そろそろ次は消費者への直接還元ではなく、ETCレーンのようにキャッシュレスだと行政サービスを迅速に受けられらるとかのサービスレベル向上で対応してとよいと思う。他にも事業者に対してキャッシュレス対応したら法人税減税とか。
チャージや送金、銀行やカードアカウントの統合などインセンティブがあるうちにやらせる効果は絶大だと思います。個人的にはpaypayが1番使う頻度多いかも
各企業さんの日次決算を見ているとキャッシュレス比率は確実に高まっているのを実感します。
総額よりユニークユーザーを増やす施策の方が良いと思うのだけど、特に高齢者層に向けて何か対策などあればいいのにね。
EBPMの観点からは、
ら消費全体の中でキャッシュレス化の比率を
リアルタイムにモニタリングして、ポイントが過剰か
過少か、適正か判断する必要があるだろう、と考えている。
3,000億円予算を増額をさせても、まだ現金で決済している人の方が多いように感じます。
ポイント還元の恩恵を受けられる中小企業小売店が限られていますし…
ということは、キャッシュレス決済は利用する人としない人に完全に分かれてしまっているようですね。

キャッシュレス決済、PayPay一人勝ち、スマホ決済一人勝ちのように思っている人がいるようですが、日本では、カードと交通系IDがメジャーではないでしょうか?
「現金」が好きな「現金な」国民性を考えると、補助金が切れた途端に「現金」に戻るのではないでしょうか?(普通に考えれば)

よく書きますが、新しいものに移行させたい場合には、新しいものにインセンティブをつけるのと同時に、古いものをなくしていかなければ、移行は難しいです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ポイント還元制度にかかる予算額が膨らんでいます。具体的には、

19年度:当初予算の2800億円 補正予算案で約1500億円を計上 合計4300億円
20年度当初予算案:2500億~3000億円程度を計上
総額:7000億円(18年末の想定より3000億円増)

「予算額の上限は設けていないため、利用が増えれば膨らむ可能性もある」とも。