新着Pick
37Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
前回、スタートアップのシリーズを定義し、今回はそのシリーズ別に、企業評価額、調達金額、希薄化率、シリーズ上昇までの期間を分析し、スタートアップの平均的な成長モデルを見ていきました。

業種など考慮しておらず、単純化してしまっておりますが、参考値になれば幸いです。すべて現時点での値であり、ブラッシュアップしていきたいと考えています。
記事の表から、シリーズごとの調達額や、シリーズを経た創業時からの投資家(主に創業者だろう)の持ち分比率を計算してみた。シリーズDレベルまで行けると、プロダクトマーケットフィットや一定の規模が得られているので、踏み込んだ投資をするための調達をする、という印象。

  調達   持ち分比率
A 2.3億円   81%
B 5.0億円   67%
C 6.9億円   59%
D 16.0億円   52%