新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
我が家でも話題になるテーマ。一人一人の許容ラインを決め、そのラインの違いを人事評価に反映させないコミットをするしかないと思います。
例えば、私なら、週末に業務連絡がきた場合、
-すぐに対応しなければならない案件であればあらかじめ時間別当番制にして、自分の該当時間にはそれに従って対応する
-そうでない場合はむしろ平日に向けた頭の準備が進むので前びろに送ってもらいたい
と考えています。
関連記事一覧
自分を失った高齢者に「死ぬ権利」を認めるべきなのか?
クーリエ・ジャポン
13Picks

「子どもの権利を守るのは、世界で最も素晴らしい仕事」。国や社会で子どもの権利を守る、スコットランドの取り組みとは?
ハフポスト日本版
9Picks

「何だか気持ちいい…」という人、続々! うつぶせになると、疲れが取れるのはなぜ? - うつぶせ1分で健康になる コリ、痛み、歪みが消えて体がラクになる
Diamond Online
8Picks

53年前のいじめ加害者を同窓会で殺害した69歳の男「気持ちはわかる」「誰も救われない」の声
ニコニコニュース
8Picks

大人数の会議は"バカと暇人のもの"である - 「いなくてもいい人」が多すぎる
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
6Picks

消えない「悲しい気持ち」は、“失ったものが何か”を考えればやわらぐ 関屋裕希(せきや・ゆき/臨床心理士)
PHPオンライン 衆知|PHP研究所
4Picks

「死ぬ権利」合法化を──幇助自殺の英国人男性、最期のメッセージ
ニューズウィーク日本版
3Picks

個人情報、使い道も説明 保護法に「使わせない権利」
日本経済新聞
2Picks

休日の連絡を拒否する部下 “つながらない権利”認めるべきか
マネーポストWEB
2Picks

五輪マラソン代表は再選考なし 瀬古氏「権利を守ってあげたい」
共同通信
2Picks