新着Pick
312Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コンビニATMの利用件数が減少している要因は、手数料とともにキャッシュレスの進展があると思います。
キャッシュレス先進国のスウェーデンや英国、オーストラリアなどでは、ATMの台数も年々減少。現金を引き出すという行為が少なくなっています。

セブン銀行は、現金を引き出すから、モバイル決済や電子マネーに、現金をチャージするという、機能でキャッシュレス時代に対応しています。
環境適応は生き残るために必須ですね。
これは、コンビニATMと、都銀や地銀のプロパーのATMの利用実績を時系列で並べて比較分析をしないと、単に今年度セブン銀行のATMの利用件数が減少しているというだけで、セブン銀行のATM事業が下降傾向だとは言い切れないと思います。
ローソン銀行はよく知りませんが、セブン銀行は他の銀行のATMが持っていない機能(プリカへのダイレクトチャージなど)を持っています。それらの稼働率の成長率なども併せて見たいと思います。

もちろん、中長期的にはキャッシュレス社会化するにつれて、ATMは減少すると思いますが、足元は、減少しているパイを、コンビニATM、地銀ATM、メガバンクATMで取り合っている状況ではないでしょうか?
キャッシュレスの影響はあるだろう。一方でセブン銀行のビジネスモデルは引き出し側だけでなく入金側もある(下記ご参照)。入金もキャッシュレスで金額は減っても、完全キャッシュレスとかにしない限りは一定周期で発生するわけで、そこがどうなっているだろう?
https://newspicks.com/news/1507994

あと、下記は完全に顧客を置き去りにした悪手だと思う。一度近くで便利なものを体験すれば、戻らない。消費者としては高い手数料を払う(でも心象は悪化)、もっと安い手数料の銀行に移る、キャッシュレスに移行するのどれかになると思う。そしてそれは顧客の長期満足につながらないから、事業に長期的にマイナス。
『収益環境の厳しい地方銀行を中心にコンビニ銀行に払う手数料負担を減らそうとコンビニATMの手数料を上げ、自前のATMに利用者を誘導する動きが広がっているためだ。』
マイナス幅は1%以下と大きくないが、創業以来初ということと、記事中のグラフの明らかな加工トレンドを見ると、構造的なもので確かに一つの転換点と言えそうです。地銀が手数料削減のためにコンビニでの引き出し手数料をあげる動きがあるとのこと。ただ、中期的に見れば、自前のATM網を維持することも厳しくなると相乗り化は不可避の流れだろうしそうなると有力な受け皿はコンビニであることは変わらない気がします。そうして利便性が下がることは、口座維持手数料の問題とあわせてメガへの集約の流れが強まりそうにも思います
手数料負担を嫌がって自行のATMに誘導するというのは、諸刃の剣のような気がします。

それまでコンビニのATMを利用していた顧客は、地銀独自のATMより便利だから使っていたのです。

率直に言えば、顧客の利便性を犠牲にして自行の負担を減らす方策なので、顧客離れが起こることは必至でしょう。

今の時代、預金があっても運用先がないので預金流出は問題ないかもしれません。

しかし、給与振り込み先を変更されたり、他の金融商品を買ってくれている顧客から愛想を尽かされるのは地銀としては困る。

苦しくなったら顧客に負担を転嫁するという姿勢は・・・あまりおおっぴらにしない方が賢明だと思いますが・・・。
コンビニでの、ATM利用は、銀行の値下げもあるかもしれませんが、キャッシュレスですよね。
最近は、コンビニでの現金を払っている人は珍しい人です笑

また、24時間化をやめていけば、さらに利用者は減るでしょうね。
セブン銀行のIRに記載されているリスク

"「将来、クレジットカードや電子マネー等、現金に代替し得る決済手段の普及が進むと、ATM利用件数が減少し、当社の業績に影響が及ぶおそれがあります」"

主要因3つ整理

①キャッシュレス
②EC化率UP
③銀行側の手数料UP

参考記事

コンビニATMの「消滅」がほぼ確実と言われる理由
https://diamond.jp/articles/-/149517
地銀は自前のATM網を維持するのをやめて全部セブン銀行に外部委託した方がトータルでは安くなります。こんだけ業績悪いんだからそれをやる会社があってもいいようなもんだが、メンツと通帳がネックになっている模様。
最大手、セブン銀行の利用件数は2019年度に初めて前年度水準を下回る見通し。キャッシュレス化の流れが加速している影響だろうか。個人的には数ヶ月に一度しか現金をおろさないくらいのキャッシュレス派なので、この現状はあまり不思議ではなかった。
セブン銀行の収益は、ATM台数✖1台当件数✖単価。
台数増加の余地はあるものの、単価は低下傾向(提携銀行からの手数料の倍以上の手数料を消費者金融等は支払っているが、後者の取扱件数は長期減少傾向)。これに件数減少が加わると、厳しい。
海外収入に活路を求めるのも、理解できる。
株式会社セブン銀行(セブンぎんこう、英称:Seven Bank, Ltd.)は、大手流通企業グループ「セブン&アイ・ホールディングス」傘下の日本の銀行。コンビニATM事業最大手である。旧商号は株式会社アイワイバンク銀行。 ウィキペディア
時価総額
3,313 億円

業績