新着Pick
809Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
C向けサービスの主戦場がパソコン利用主体のWebサイトからスマホアプリに移った当初は、用途を特化したシンプルなサービスを提供することが定石でしたが、ここに来て、また多機能化を志向しつつある状況を興味深く感じます。

一方で、ユーザー数が多けりゃなんでもかんでもプラットフォーム化できるのかというと、事はそんな単純な話ではありません。
どれだけ多くのユーザーに活用されているアプリであっても、メイン用途との親和性が高い「ミニアプリ」の利用が広がることはないでしょう。
またサービスが増えることで、組織内のポリティクスも生じやすくなり、意思決定プロセスも複雑化します。
この辺りがパソコン主戦時代のSNSや、アプリ時代のメッセージングアプリが期待されたほどの成長を遂げられなかったこと、遂げられていないことから学ぶべき教訓でしょう。

日本における「スーパーアプリ」の成否は、いかに親和性の高いカテゴリを特定できるか、迅速な意思決定が可能な組織を設計できるかに大きく左右されるのではないでしょうか。
PayPayが決済のアプリにミニアプリを載せていくのは、中国のアリババのAlipayの流れと同一です。
一方、LINEは、中国のWeChatの流れを汲み、メッセージアプリが決済のアプリを加え、更にミニアプリを載せていく流れです。
しかし、これはいずれも中国の流れであり、他国においても同じかというとそうではないです。

例えば、アメリカにはメッセージアプリとしてWhatsAppがありますが、ミニアプリの機能はありません。アメリカには別のアプリとして決済機能のついたUberやLyftなどがあります。

日本には既に決済機能のついたタクシーアプリが存在していて、ユーザーが総計で1000万人以上いる可能性があります。
この状況では決済のアプリにタクシーアプリを載せてもキラーコンテンツ化することは難しいと思われます。

日本でアプリを用いたビジネスを行う際、大抵は海外のアプリを模倣しています。
多くの企業は新しいことをする時に、必ず、事例を気にします。
ですが、新しいことを行うのであれば、海外の模倣ではなく、日本独自の考えを生み出して行うべきではないでしょうか。
Suicaはタッチレス改札を導入するなど、決済に完全に特化し、決済のスピードの速さを追求した進化を遂げようとしていますが、PayPayはユーザーに対して決済と課題解決をひとつのアプリで一気通貫で手掛けることで、Suicaとの差別化を図ることを目指しているように感じます。
PayPayはアリペイの世界観を明らかに目指しています。

日本のユーザーには、「決済スピードの速さ」vs「ユーザーの生活をアプリで解決する中での決済機能」のどちらが響くのか、注目したいですね。
ミニアプリ機能は、ポータル化=スーパーアプリ化を意味します。
ただし、コア機能が強くないとうまくいかないと思います。
LINE=トーク、PayPay=決済は、コア機能が違うので、
異なるミニアプリ化が進む/進められると思う。
となると、LINEとPayPayのアプリ統合は当面はしない方がいいということになる?
大袈裟に記事にすることでしょうか?当然ですが、これは、中国で普通に活用されているAliPayの画面とまるで同じです。

優れたものに追従することは悪いことではありませんが、こういったことからも、既に、日本が「中国から学ぶ」という状態であることを認識すべきではないでしょうか?

未だに、中国に対してバイアスのかかった発言や報道がありますが、決済分野では、周回遅れになっていることを正しく認識することも重要だと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ソフトバンクは、didiだけでなく、
uber、grab、olaにも投資をしている。

なのに何故didiになったのかが気になる。
Uberやgrabでも良かったのでは?
技術的には大きな差異はあると思えないので
didiを上場させるためにTractionをつけたいのかな?

個人的には、中国の国家情報法がある限り
できれば中国企業のアプリは使いたくない。
PayPay側から見ても単体ではメリットは少なく、一度DiDi側から見た方がよく分かる打ち手なのではと思います。

「この入口を設けたことでDiDiは大きくシェアを伸ばした」という事例が生まれると、この事例を皮切りに「PayPayに乗せて面を取りたい」というプレイヤーから引っ張りだこになり、スーパーアプリへの道が拓けてくる。

一見、「日本のタクシーは高く、会社経費で落とす人がほとんど」という中、PayPayのここに動線置いたからといって新規のDiDiユーザは得られなさそうに見えますが、意外とそうではなく。

PayPayがこの選択肢を持ったことで、今までのPayPayの単なるキャッシュバックから「DiDi1,000円引き券」の発行などに切り替え、連携がしやすくなります。(システム上だけでなく、ユーザ認識としても)

実際日本のDiDiもユーザ、ドライバー、共に反応が良いので、キャッシュバックがわりの無料券や割引券をキッカケに、「いつも使ってるPayPayから、初めてタクシーを呼んでみて、すごく快適だった」となると大幅にタクシーアプリの新規ユーザ、および他社タクシーアプリのユーザを転換させられる可能性はある。

今の不毛なキャッシュバックから、自社経済圏のシナジーや、他サービスへのオンボードフィーに転用できるという意味でも、現状よりかなり良くなりますね。
ついに日本でもスーパーアプリが開始!
スーパーアプリという概念が日本でも浸透するのかどうか、今回のミニアプリ開始はその試金石になる。
LINEとYahoo(PayPay)をあえて競わせて展開するのか、どこかのタイミングでサービス統合を図るのか、今後の展開は他の企業からしても大注目ですね。
まぁこうなる。各社がそれぞれにアプリを制作して顧客獲得コストをかけるより楽になるなら、こっちにシフトする。
そしてこっちにシフトすると、そのなかのアプリストアのなかでの顧客獲得競争になるのでPayPay内でのミニアプリ利用のための顧客獲得のための広告ビジネスなどもしうる。
ネットワーク効果を構築できるまでに至るかは分からないが、そうなれば強い。
最近didiを2日に一回くらい使っている、この頃。
PayPayから、didiを使うイメージは、まだありません。
PayPayを使っていないわけでなく、毎日2回以上は使っています。LINE Payやメルペイ、楽天ペイも並行して使ってますが、ほぼPayPayになりました笑

そんな自分だから、思うのは、スーパーアプリ内で利用するアプリ数が足りないということ。
アリペイだと、旅行や出前やKFCとかモバイル購入もあります。タイのLINEだと出前などがあります。

あと、2,3個増えたら、PayPayのスーパーアプリを使い始めそうです。
もちろん、便利なものに限ります。
さあ、次はなにが来るんでしょうね〜