新着Pick
96Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
よかった、、『身につけない選択肢』て、そんなの建前で、なんとなくつけなきゃいけない雰囲気かもしれないし、大丸スタッフの女性がかわいそすぎる。。

生理の意思表示をするのは自由やし、理解は広まってほしいけど、
それよりも、生理の悩みはコントロールできるんやでってことがもっと広まってほしい!!
大丸さん、生理をオープンにしたいなら、スタッフにつけさせるんじゃなくて、マタニティマーク的な生理バッジを商品化して売ったらいいんじゃないでしょうか。それなら誰も批判しないと思います。
自らの生理をバッジでアピールしても、女性が働きやすい環境作りには結びつかなかったということですね。ですがこれを失敗と捉えずに、女性が働きやすい環境を目指して、どんどん新しいチャレンジをしていって欲しいと思います。
関係者の方々には、胸を張って「ナイス・チャレンジ!」とお伝えしたいです。

完璧ではないし、反応もわからないけど、やってみる…そして、反応をみて、やめる場合は、その決断も早くする。

こういった取り組みを応援するところから始められれば、日本でもイノベーションの芽が出ると思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
「生理ちゃん」を使って、生理用品コーナーを開設するという大丸梅田店。そこまででも随分攻めると思うが、従業員バッジはまだゾーンを上げすぎだったのかな。老舗店舗の挑戦として評価したい。
社会実験として、僕はナイスチャレンジだと思いました。この反応で「やっぱり生理休暇取りやすい職場にすべきだね」と意思決定できるため
生理は、特に2日目は自由にトイレに行けないと本当に辛いです。百貨店でのこの取り組みは、そういう辛い時に、同僚や私達客側も、生理のスタッフに気遣ってあげられると感じたのですが…
大丸梅田店が女性従業員に着用を呼びかけた「生理バッジ」。ツイッターでも賛否が別れていましたが、批判が相次ぎ着用取りやめになったそうです。

業績