新着Pick
114Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「黄金の三角地帯」と呼ばれる東南アジアの麻薬生産地帯の話です。この「ゴールデン・トライアングル」は、タイ、ミャンマー、ラオスの国境地帯にまたがっています。この地帯でケシからつくられる麻薬や覚せい剤は、東アジアで広く流通しており、日本も無縁な話ではありません。
 東アジア経済ではケシからつくるアヘンや、その他の麻薬は19世紀から大きな商品で、社会的な問題でもありました。アヘン戦争の時期に英国がアヘンを植民地経営の財源として以来、日本の陸軍や満州国、中国の多くの軍閥もアヘンを財源にしてきました。「黄金の三角地帯」を立ち上げる中心になったのは、中国で1940年代後半に共産党との内戦に敗れて流れてきた国民党の残党です。
 現在は、「黄金の三角地帯」指導部は、東南アジアへの浸透を狙う中国政府とも隠然たる関係があり、政治的にも簡単ではなく、軍事力で掃討してしまえば済むということはありません。三角地帯の三国の内、タイは比較的政府の介入が可能ですが、ミャンマーやラオス側では、あまり政府が介入できない自立した地域で、麻薬の生産も続いています。
 内戦もそうですが、麻薬の生産も、単に武器やケシ畑を取り上げればいいということはなく、代わりの仕事を用意する必要があります。それがなければ、すぐに元の稼業にもどってしまいます。アフガニスタンなど、多くの紛争が続く地域で共通した課題です。
 「黄金の三角地帯」では、たとえば、日本政府もソバの栽培を奨励して、それを日本が輸入することで、ケシ栽培に代わる仕事を用意しよう、といた試みをしています。
https://www.jica.go.jp/kansai/enterprise/kaihatsu/mame.html
ケシが主要産業だった街を変えた話。
地域の人の生活にも貢献する経済活動のあり方。

サプライヤーダイバーシティ。取引先の多様化はSDGsなど世界の潮流です。