新着Pick
254Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私は、親子二代でレゴにはお世話になっています。
自分が楽しかったことは、
子供たちにやってもらいたいと思うのが、
古今東西の親心ですよね。

デジタルの遊びがいくら増えても、
モノを作ったり、それを壊したり、また作り直したり
という遊びは不滅ですね。

なんで、
少子化が進み、
遊びの手段がたくさんあり、
習い事で子供が忙しい日本で、
オフライン店舗を増やすんだ?
と思い記事を読み進めましたが、

日本の家庭にしっかり浸透できているからなんですね。
日本の台所にはキッコーマンの醤油が必ずあるように、
子供部屋にはレゴがあるという感じでしょうか。
日本でも十数年前はレゴショップは珍しかった。中国は今はそのフェースなのだろうか。日本では知育玩具、出産祝いなどでいいポジションを取ることができているというのは大きいのではないだろうか。
「現在日本には38のレゴブランドストアとレゴ認定公式オンラインストア」があり、さらに増やしていくことを決定しているそうです。
店舗を増やす直接的な理由は読み解けませんでしたが、実際にいろんな使い方で遊んでもらうことを目的としてるのでは?と、六本木ヒルズのレゴショップを見て思います。
レゴはワークショップスキームとしてもレゴシリアスプレイを普及させたり、色々面白い動き方をしています。
http://www.seriousplay.jp/seriousplay/
今年の1月に追加投資のニュースが出てますが、その後はどうなってるんでしょうね。
https://newspicks.com/news/3571097/
子どもを連れて児童館に行った時にレゴがあり、初めて遊びましたが、面白いものを作るのはなかなか難しい。隣の子がかっこいい恐竜を作っていて、その創造力に素直に驚嘆しました。モノを作る楽しさを知るツールとして、レゴは優れていそう、と思いました。