新着Pick
37Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
報復措置の内容もさることながら、通商代表部(USTR)の仏デジタル課税に関する「調査」結果は注目する価値がある。売上高課税とはいえ初めて「デジタル課税」を実行したフランスの課税実態がどう明らかにされるかがわかる。
結構な課税額になっているのか、もしそうならそれなりにフランスで売上があることが暴露されることになる。課税実態はデジタルビジネスの実態の鏡にもなっているから、USTRは調査結果をどう公表するのだろうか。
"対抗措置として仏産ワインに関税を課すと警告していた"
さすがアメリカファースト戦略。意義が違いすぎて普通の人なら恥ずかしくて言えない。巧妙なポピュリストだと騙されそうになりますが、あからさまだとむしろ感心します
「約30社のうち大半が米企業だが、中国、ドイツ、英国、フランスの企業も含まれる」・・・ 日本企業が全く含まれてなさそうなのが我が国の未来のためになんだか寂しいな、記事の趣旨と関係はないけれど (^^;
報復措置として
本当にフランスワインに関税をかけるのか?
高みの見物の日本人として言わせてもらえば、
これは見ものだと思う。
フランスが今年導入を決定した米IT大手などを対象にするデジタル課税について、米国が12月2日に報復措置を発表する可能性があるとのこと。