新着Pick

「しつこい頭痛」エビデンスで見る正しい対処法

東洋経済オンライン
頭痛は、医師として最も直面することの多い患者さんの症状の1つです。皆さんも多かれ少なかれ頭痛を経験したことがあるのではないでしょうか?でも、「病院に行くタイミングがわからない」「どう相談していいかわ…
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
エビデンスを度外視した「我流」の情報、怪しい著作が横行する中で、エビデンスベースの正しい情報を整理し、それを広げたいという思いで書きました。

頭痛は、病院で相談を受けることの多い悩みの一つです。多くの方の頭痛は、3つのいずれかに分類できます。「検査をしてほしい」とご相談いただくことも多いですが、診断には「検査」を必要としないことがほとんどです。

「頭痛」の学び直しにお役立ていただければ幸いです。
私も、生理前数日頭痛、生理中数日頭痛、生理後数日頭痛、普通…
と、しょっちゅうある頭痛サイクルに悩まされています。
ピル飲んでも変わっているのか、変わっていないのか分からず
「スマート脳ドッグ」にいっても、何もなく。

ただ、そこまで重篤ではないと感じるので、普通にお医者さんに行くこともなく。しかし、お薬も違うなら、検査ではなく一度「診断」してもらうと安心するので、知りたいです。
偏頭痛持ち、とおっしゃる方の半分は本当に偏頭痛、半分は実は緊張型頭痛、という印象です。緊張型頭痛では普段の姿勢やストレスマネジメントも重要であるため、この記事をもとにぜひ確認してみてください。

また、頭痛薬を頻回に飲むことで逆に頭痛が起こってしまう、薬物乱用性頭痛というのもありますので、飲み過ぎにも注意です。
女性って本当に頭痛が多いんです。私も偏頭痛持ちだったのですが、気付いたのは昨年でした(笑)

「頭痛の特徴」の図をみると一目瞭然ですが、検索窓で「頭痛 吐き気」など入れてみても、出てくるのは重症な病ばかりで病院にかかったことはありませんでした。

まわりもよく「頭痛ひどいんだよね」と話しているので、私自身も気にせず、少しの痛みでは薬も飲まずそのまま。自分が偏頭痛持ちだとわかれば安心するし、なにより偏頭痛持ちには推奨されない薬もあるので、知っていて良かったと思います。
頭痛での受診患者は比較的多いですね。
症状に加えて、不安を抱えて来院される方々が多く、CTやMRIで不安を解消したいという希望を持っています。
しかし、実はその検査は不要である事が多いです。
基礎知識があれば自分の頭痛の原因が多少なりともわかるので、不安は解消できます。

医者任せではなく、自分で医療を考えられることが令和時代のポイントです。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン