新着Pick
336Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソニーの車載センサー、自分は世界トップになると思っている。
記事で大村氏が触れられている車載の特殊性の困難や今のシェアの低さはある。ただ、特殊性は採用などによって対応をしている(日本電産の車載モーター事業と同じような形)。
何より強いと思うのが、成長フェーズと資源の組み合わせ。今からまさに普及率が上がっていくというタイミングで、そうすると開発資源も量産資源も、それらの源泉となっていく資金資源も必要。どんなにこれまで知見があっても、部品・完成車メーカーの要求する規模で開発~量産までできなければ、ほかのサプライヤーに行く。だから伸びているタイミングは供給力があるところにシェアを奪われやすい。そして成長しているタイミングで案件を取れて行くと、そこで知見が貯まっていくから、より開発サイクルに食い込める。
採用やCMOSセンサー工場の増強などをソニーは今やっている。「パワープレー」は今のソニーの状況では完全な勝ち筋だと思っている。一番良いのはOmnivision買収だろうが…ON Semiのシェアが高いので、車載だけで限定できれば独禁法も行ける?ちなみにON Semiは時価総額約1兆円(売上約6500億円でイメージセンサは1000億円もいかないはず、パワー・アナログ半導体が強い)、Omnivisionは2015年に中国系ファンドが約2000億円で買収。
https://newspicks.com/news/949081
スマホ用カメラのセンサーで実に世界の5割のシェアをとっているソニー。次に狙っている市場が車載です。ソニーは近年、ルネサスで車載半導体を率いていた大村氏をはじめ、車業界に精通した人材を採用しています。

後編では、前編のスライドで紹介した、車載の成功を占う上での3つの疑問(①車載で後発のソニーが市場シェアをとれるのか②車載は十分な市場があると言えるのか③車の「眼」は、センサーが正解なのか)を大村氏にぶつけました。
記事にもありますが「新車の販売台数は年間1億台弱、それに対してスマートフォンの出荷台数は14億台」という市場規模の差から見た車載市場の魅力度は気になるところ。確かに1台あたり搭載個数が増える可能性はありますが、レーダーやLiDARなどの技術との組み合わせが模索されている最中なので、まだ確実なことは言えなと思います。何より、スマホのカメラはデュアルになった時点でイメージセンサーの市場規模は倍増だしなぁ。

また、車全体に占める付加価値も重要な論点。スマホだと差別化要因がカメラのみになりつつあるので、イメージセンサーの付加価値も高い。

一方で車、特に自動運転車は、イメージセンサー以外も様々な価値の組み合わせで商品ができており、完成車の価格帯がある程度決まっているとすると、各技術・部品は完成車メーカーが求める一定のコスト内に収める必要が出てきます。つまり、イメージセンサーの価値が高いから最終製品も値上げ、ということがしにくい構造にあるとの認識です。

とはいえ次の分野として挑戦せざるを得ないですから、その中でいかに搭載個数を増やすか・付加価値を上げるかが勝負だと思ってます。
技術的にキツイのは耐候性(耐久性)でしょうかね。
車はほぼ屋外で使うので常時野晒しみたいな状態で、更に国によっては常に高温高湿みたいなところもあるので、デジカメ、スマホとは桁違いに厳しい環境で絵を撮り続けないといけません。
その辺りの課題に対しても自動車業界から人を引き抜いて開発を加速しているみたいなので、解決できると思っていますが。
https://newspicks.com/news/4016761/

↑の記事だとオンセミも結構Sonyを意識してるような書き方なので、高感度性能なんかはやっぱり優れてるんでしょうね。
今Sonyのデジカメに載ってるようなセンサーが車に載せられるようになったら夜間はすごく心強いなあ...
既にある市場のシェアを奪うのも良いと思いますし、車も最終的にシェア1位を狙えると思います。

ただ、既に存在しているスマホよりも車よりも、もっともっと大きな市場がありますよ。そこを探し、開拓してみてはどうでしょうか?それこそ、ソニーらしいと思いますが。
私にとって内容は浅いが、それでも(文脈で判断で)トヨタ以外でも”従来の試験項目に比べて「夜間の認識力」の要求水準が上がった”という変化を確認できたことが有益だった。
いずれ歩行ロボットの目にもなるのでしょうね。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート

業績