新着Pick
102Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
それぞれの年次管理会計では原発が稼働した方が利益が出るので、電力会社としては原発稼働を目指す気持ちはよくわかります。ただ、その一方で、地球環境を揺るがす莫大な外部不経済が生まれ、それはいずれ電力会社にも降りかかってきます。電力会社にはできない決断を高いレベルで行うべきだと私は考えます。
女川原発には私も感慨を抱きます。津波から救った東北電力元社長、平井弥之助(1902~86年)の逸話は有名です。平井氏は副社長退任後、電力中央研究所の技術研究所長として女川原発の設計に参画、「最大14・8メートル」の津波対策を唱えました。東北電力の社内では「12メートルで十分」などの声が大勢を占めましが、経営トップは技術系の最高権威だった平井氏の意見を採用しました。女川原発は14・8メートルの高台に建ち、設計から40年後に襲ってきた津波の高さは13メートル。女川原発は無事でした。福島第一原発が「15メートル」の提案を受け入れていれば、とよく比較されます。歴史に「もし」はありませんが、そうであれば今の福島の苦難は起きていませんでした。
「空気」で判断するのではなく、「ファクトとリスク評価」で判断すべきだと思います。

まず、「ファクト」として、「稼働は必須なのか?」ということ。

発電コストのことを考えれば、燃料処理や廃炉の部分まで考えても、本当に安いのか?今、なくてはならないのか?

そして「リスクゼロ」ではなく「適正なリスク評価」をすること、過去の事故から学ぶこと…

事故が発生するまで、原発は安全だと言われていたことを忘れてはなりません。

その時のアセスメントを開発したメンバーと、今回のメンバーで大きな違いがなければ、「完璧なものはない」という大前提に立って考えるべきでしょう。

最終的には、住民のみなさんの判断で決まると思いますが、その前の段階で「最初から答えありき」の思考方法はいかがなものかと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
某オールドメディアの役員の方が言ってる、原発再稼働における「地球規模の外部不経済」て何のことですかね。また事故が起きるリスクのこと?その後の波の高さの話は後出しジャンケンの結果論でしかない
宮城県の女川原発2号機(BWR、82.5万kw、1995年運転開始)が規制委員会の審査を終えました。あとは被災地でもある地元がどう判断するのかに注目です。
審査に合格したのだから再稼働しない理由は無い

そもそも日本の再稼働審査は必要以上に厳しくて時間が掛かる

本来は稼働させながら並行して審査を行うべき