新着Pick
58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
来年は米中協議のヘッドライン以外で資産価格が決まる年になって欲しいと思います。
米中協議の見通し報道で一喜一憂する相場に、世界中が慣れてしまって、それを根拠にしてマーケットを動かしていることが楽になってしまった感がありますね。

私は、個人的にはマイクロソフトがこの流れだと一貫して強いので嬉しいですが、マーケットとしては、不健全ですよね。

実際に米中貿易戦争に振り回されて1年になりますですが、実態経済も、相当傷んできているように感じます。
世界的なカネ余りの中で、ポリティカルな情報だけで市場が動いている気がしますね。
いつ破裂するか不安なので、個人的にはなけなしの個人資産は引き上げて静観しております。
今朝は米中通商交渉について「第1段階」の合意が非常に近いと報じたことが好感されたこともあり、米国株式市場が続伸。NYダウなど主要3指数が最高値を更新しました。
【米中の「第1段階」通商合意、非常に近い=環球時報】
https://newspicks.com/news/4411788
【米国株式市場は3指数が最高値、米中協議の進展期待膨らむ】
https://newspicks.com/news/4413468

その流れを受け、日経平均株価も上昇。11時過ぎた現在は、210円超プラスの23,500円台で推移しています。
消費税の値上げをものともしないですね。
このまま上がってバブル期の株価を越して欲しいです。