新着Pick
219Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
閉鎖商圏はうまく狙えば新たなビジネスチャンスを獲得できる。

閉鎖商圏という言葉はあまり聞かないので整理します。

①限定的閉鎖商圏
新興住宅街やオフィスビルなど、限定した人が使う商圏。昼夜間人口ボリュームが高ければ商売が成り立つ。

②独占的隔離商圏
ホテルや遊園地など、隔離された空間の中で人が動く商圏。○○島みたいなものも当てはまる。

限定的閉鎖商圏の中で、スナックがあり凄く濃いコミュニティを形成していることありますよね。
そうです!
小売や飲食は、手間暇かけた方が売れるのです。
それが、接客の極意です。
この記事がよい事例ですが、この分野に限らず「スケールすることを考えずに、こぢんまりとスモールビジネスを考える」のであれば、大手に対抗して生き残ることが可能であることを認識することは大切だと思います。

市場を四角い重箱に喩えれば、大手は大きな丸い饅頭です。重箱の中の大部分を丸い饅頭で占めることは可能ですが、必ず隙間が残ります。

つまり、そこは大手では獲れない市場なのです。

但し、全体のパイは小さいですし、スケールできないので、始めた時から限界があることは覚悟しないといけません。後になって欲がでると、うまくいかなくなってしまいます。

普通の経営とは違う「身の丈にあった経営」が大事になると思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
閉鎖商圏、なるほど。外に出られないからこそそこにいる人にとっての「convenient」な存在になっていることがわかる気がします。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.80 兆円

業績