新着Pick
369Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日、多摩川沿いの崖線(ハケ)に関する勉強会を開催した際に、専門家より「ここ30年ぐらいで工業用水などによる地下水の利用が激減しているために、全般的に地下水位が高くなっているというデータが紹介されました。
まさにトイレや洗車の水など地下水で十分足りますし、家庭菜園や農業用水にはできれば地下水で対応できるのが望ましい。
我々の事業所では池の水と屋根散水などに井戸水利用しています。
多摩地域であれば10m以内に地下水脈があることが多いので、井戸の一般的な普及が進むことが都市のレジリエンスを高めることにつながります。
大地震でライフラインが停止した際の復旧する順序は、電気→水道→ガスだそうです。
ガスは諦めて、電気で対応するにも肝心の水が無いと生活は成り立ちません。

私が住む世田谷区では、震災対策用の井戸があり、震災時は水を採れるようになっています。
https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/kurashi/005/003/006/d00162354.html

機械式のポンプではなく、手動式の昔ながらのポンプなのですが、それでもあるとないでは大きな違いです。
地域ごとにこのような取組は大切ではないでしょうか。
災害時に水をどう確保するか?
災害大国ニッポンで、これは絶対に避けて通れない問題です。
2011年東日本大震災で2週間断水したという水戸医療センターですが、地下水をくみ上げて水道水と併用するシステムを直前に導入していたおかげで、水に困ることなく、近隣地域からも患者を受け入れられたとそうです。
しかも、平常時から、水道水よりも安く使えるというのですから、これは見逃せません。
平常時から非常時に備える意識をぜひ持ちたいものです。
この連載について