新着Pick
73Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日系企業が海外の会社へ投資したり買収したりするのはもっと増えていいと思う。日本企業が海外で事業を作るのはあらゆる面からハードだから、当たった時の投資対効果はめちゃくちゃ大きい。
キリングループ 2019年-2021年 中期経営計画
https://pdf.irpocket.com/C2503/drYi/nUQ4/Ecw6.pdf

計画通りってことなのですね… 資料みると、定量面でしっかり事業管理されている印象を受けました。
経営状況に応じて、適切なポートフォリオを考えることは、良いことだと思います。

日系企業の場合、これまで、あまりやってこなかったので、最初は、いろいろ失敗もあるかもしれませんが、それを経験として蓄積することも大事なので、積極的に取り組むべきだと思います。
ちなみに売却先と書かれている蒙牛乳業(China Mengniu Dairy)は売上1.2兆円、時価総額1.6兆円ほど。日本最大手の明治HDは売上約1.1兆円、時価総額1.3兆円だが、乳業だけでなく菓子や医薬品もある。
日本のレガシー企業が海外に進出していくことで、日本企業かどうかという垣根が取り払われつつあるように感じます。

本来大企業は一つの国籍にこだわることなく、どんどん海外企業と協業すべきであって、今までの日本にはそれが少なすぎました。
キリンはビール分野ではクラフトビールシフトが鮮明ですね。譲渡代金もそちらに注ぎ込まれるのだと思います。あくまでスーパードライをグローバルにパワーセールスしようとするアサヒとは対照的だと感じます。
キリンホールディングス株式会社(英語: Kirin Holdings Company, Limited)は、飲料事業会社の麒麟麦酒株式会社を中核とする、キリングループの持株会社(ホールディングカンパニー)である。三菱グループの一員であり、三菱金曜会・三菱広報委員会の会員企業である。東京証券取引所第一部上場。日経平均株価採用銘柄。 ウィキペディア
時価総額
2.25 兆円

業績