新着Pick
147Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
伊藤さんも鈴木さんも「時代に挑戦した」人と評されていたのがとても印象的でした。連載は本日で終了です。おつきあいいただきありがとうございました。

コンビニのあり方検討会では、先日セブン、ファミマ、ローソンの各企業トップがヒアリングを受けました。 傍聴させていただきましたが、なかなか各社カラーが出ていました。奥歯に物が詰まっているような、ピリピリした方もいれば、あえて変わることを強くアピールする方。。。

これまでは、鈴木さんが作ったシステムでコンビニという業態が運営されていましたが、向かう方向は違っていくでしょう。ニューズピックスではこれからも、経済メディアらしく冷静に、コンビニのあり方を問う記事を出していきます。
偉大な経営者の後はツライ…後継を育てることはトップの責任とは思う一方で、トップがイノベーションも、経営結果も、さらには後継をというスーパーマンが求められているようなのも現実。
「無用の用」=「無駄だと思ったところに、こだわってみたら何かが生まれる」。そこに顧客利便性があると思えば、果敢にチャレンジすべし。強くそう思います。
カリスマの次の後継者を育てる&見つけるのはどの会社も大変ですね。
いま、私の履歴書で連載しているファンケルの池森さんもそうですし、ファーストリテイリング、日本電産、日産自動車なんかも当てはまります。

また、セブンイレブンで生ビールの販売は良いアイデアだと思いますけどね。もともと店頭ではビールを売ってるし、結局飲む人は飲むでしょう。
イートインスペースで生ビールを飲みながら焼鳥でもと期待しましたが、中止になって個人的には残念でした。
時短営業と7pay廃止は、時代にあった正しい意思決定で、迷走ではないと思います。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.73 兆円

業績

株式会社イトーヨーカ堂(イトーヨーカどう、英称:Ito-Yokado Co., Ltd.)は、関東地方を中心に20都道府県に店舗をもつゼネラルマーチャンダイズストア (GMS) 「イトーヨーカドー」を運営する会社。セブン&アイ・ホールディングスの子会社であり中核企業である。 ウィキペディア