新着Pick
111Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ドラゴンクエストもブラウザ版のベータテストを開始する様です。

『ブラウザ版「ドラゴンクエストX オンライン」ベータテスト参加者募集 (2019/11/22 更新)|目覚めし冒険者の広場 -』
https://hiroba.dqx.jp/sc/topics/detail/e82c4b19b8151ddc25d4d93baf7b908f

これは避けられない流れ。Stadiaに関しても、悪い評価の箇所は修正されるでしょう。
Googleはサービスを簡単にやめると言われますが、Stadiaの場合はやめるにやめられない、やるしかない状況になると思います。短期的にはモバイル(スマートフォン、タブレット、ノートPC)が主戦場になる。iOS(iPad OS)向けにGoogleが直接コンテンツを配信出来るメリットが大きい。ここで大きな収益を得られるなら、それだけでStadiaの存在価値はあると言える。
将来は、冒頭のドラゴンクエストも、マルチ配信先としてStadiaで遊べるようになるかもしれない。マルチプラットフォームの一つとして、欠かせない存在になれるか。Google Playのネイティブゲームをどう位置付けるのか気になる。

ヤフーのゲームプラスはAppleの横槍が入った可能性もありますが、Googleが相手ならそう簡単にはいかないでしょう。
AppleがStadiaに対して、どのような対策をするのか。規模が小さいうちは無視出来る存在であれ、ヤフーに対しては早期に動いた。ストリーミング・HTML 5のゲーム利用者増加とともに、Appleの動きにも注目が集まるのではないか。

『公取委、アップルを調査 ゲーム配信でヤフー妨害か GAFA独占、革新の壁に -』
https://newspicks.com/news/3248289/
先駆者は、毎回、こういったところで苦労しますね。
革新的なものを世に出して問うから、これは宿命です。

iPhoneやTeslaが出た時でも「こんなもの…」という評判だったことを忘れてはいけません。

イマイチの理由は2つあると思います。

1.まだ全体のインフラが調整されていないため
→これは、時間と共に加速度的にボトルネックが解消されていくと思います

2.既存の高性能ハードを持っているユーザーのコメントが多いため
→今の段階では、当然ですが、ローカルで処理する方が圧倒的に良いため、それと比較すれば、イマイチは当然です

ということで、この段階で、Googleの新しいサービスがイマイチと判断する要素は何もないと言うのが正しい(?)理解ではないでしょうか?
さて、どうなるか。
ゲームは昔からあるプラットフォームビジネス。評判が良いと多くのパブリッシャーが参加する一方、評判が悪ければソフトも出ずにどんどん廃れる。
クラウドで定額でやることに、音楽や映像は変わってきているが、ゲーム会社にとっても行きたくない未来かもしれない。一方でその方向に進むのであれば、一気に舵を先に切った方が勝ちやすい。悩ましいところだろう。
注目されるクラウドゲームですが、コンテンツ(ゲーム)+低遅延(5G)の双方が揃う必要があります。Googleお得意のアジャイル戦略がゲーマーに通用するか、注目。
クラウドは、なん世代か前のスペックのゲームを動かすには適してるけど、最新のものはちょっと無理そう。

詰まりは、スマホで動くようなゲームじゃないとうまく機能しないけど、それならスマホで処理すればいいじゃんとなる。