新着Pick
324Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
広島に原爆を投下したエノラ・ゲイ号にはカトリックの神父が搭乗しており、長崎でも牧師2人が搭乗員のケアをしていたそうです。
これは戦時中に大量殺戮を伴う行為を行う際には良く見られることで、一般に兵士達が非人道的な行為を迷うことなく遂行できるようにするためだとされています。
特にエノラ・ゲイの機長ポール・ティベッツは熱心なカトリック教徒だったことから、カトリックの神父が同乗したようです。

ただ、これはアメリカに限ったことではなく、日本でも仏僧などがその役割を果たしましたし、世界史上でも度々見られる事なので、これを持って直ちにカトリック教会に原爆投下の非があるということにはなりません。
人を救うことも宗教の役割なら、人を殺すことを勧めるのも宗教の役割であり、単に今は前者の時代だという事なのです。
願わくば、こうした時代が長く続くことを祈りたいものですね。
「法王フランシスコは、一般家庭で育ったことから普通の人々の悩みや苦しみ、喜びに寄り添う心を持っていることで知られています」
ローマ法王フランシスコ「家族を大切にしたくなる言葉」
https://mi-mollet.com/articles/-/20639
「1936年、アルゼンチンのブエノスアイレス生まれ、本名ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ。初めてのラテンアメリカ出身で、初めてのイエズス会員の法王。アルゼンチンで同会の管区長、神学院長などを務めた後、ブエノスアイレス大司教となり、2013年3月に行われたコンクラーベ(法王選挙)において、法王に選出される」
こればっかりは、教皇が言ってもムリですよ。

誤解を招かないよう申し上げますと、私は(洗礼を受けてはいませんが)キリスト教を信奉しており、教皇に敬意を表しています。

先進国の知識人の多くは、対立陣営が核兵器をもったおかげで世界戦争が回避されていると述べています。

お互いに核兵器を用いれば世界が消滅するので、まさに抑止力です。

率先して核兵器を廃棄すれば、対立陣営が圧倒的優位に立ってしまいます。

そういうわけで、ゲーム理論の「囚人のジレンマ」のごとく、各対立国が核兵器を持ち、その莫大な維持コストを払うことでナッシュ均衡が成立しているのです。

私自身分かりません。
核兵器がなければ地域線でもっとたくさんの犠牲が出ていたかもしれません。
しかし、核兵器の犠牲はあまりにも酷い。

個人的には・・・悲しいナッシュ均衡でとどまっています。
以前、長崎で働いていた頃、爆心地の近くに住んでいた。
この場所に、ローマ教皇が来て、メッセージを発したというのは、大変感慨深い。
核兵器に限らず、人が人を殺し合うことのない世界の実現は、人類の願いである。とりわけ、核兵器は大変に恐ろしいものだ。
私も以前、平和公園の式典に参加したことがあるが、原爆投下の時間に黙祷をしながら、ああ、この頭上で原爆が炸裂して、人々が藻屑と消し飛ばされたのかと思うと、心の底から戦慄を覚えた。
人類の理想を言明すべき立場であるローマ教皇として、核兵器廃絶を強く訴えたことは非常に大きな意味を持つ。改めて、このメッセージを心に刻みたい。

しかし、同時に、それがどのように進むのか、というのは一筋縄では行かないというのもまた事実である。
理想を持ちながらも、現実の中で少しずつでも歩みを進めていきたい。様々な立場、様々な利害の隔たりの中にあって、我々が根気よく対話を続けることこそが求められているのである。

教皇は理想を語るべきであるが、多くの人々は理想を語っているだけでは現実にならないということに向き合うことが必要だからだ。そのことを忘れ、理想だけを皆が語っても、それは現実を変えはしない。
しかし、理想がなければその対話は無意味である。より普遍的な理想とは何かを問い直しながら、日々の対話に挑みたいものである。
フランシスコという名を選んだのも、粗食を貫いた賢人フランシスコに倣うものと聞きました。
バチカンに、貧しい人々を食事に招待したり、シリア難民が辿り着く地中海の島に視察に行かれたり…

心から尊敬しています。

長崎の非核化の想いが世界に伝わりますように…
保有だけでなく部品供給も含む製造企業への投資を回避するESGのようなものが広まるのが現実的な方向性と思います。
ローマ教皇が、長崎、広島に訪れることは、ありがたいですね。
「核兵器のない世界に」なることを祈願します。

ちなみに、今の教皇は、フランシスコ・ザビエルたちが作ったイエズス会出身です。
日本にも縁がある人です。
ローマ法王の広島訪問は非常に意義が深い。日本は唯一の被爆国であることは意義が深い。非核化の議論は行われるが、一番核弾頭をもっているアメリカが話しても説得力がない。最も説得力があるのは、日本が発信することだ
ローマ法王の長崎でのお言葉。
「核兵器のない世界を実現することは可能であり必要不可欠なことだと確信している」
ローマ教皇が訴えたのは核兵器の廃絶であり IAEA(国際原子力機関)の科学技術は SDGs(持続可能な開発目標)の達成に役立つとして原子力の平和的利用促進は支持している

Holy See calls for boosting peaceful use of nuclear energy
https://www.vaticannews.va/en/vatican-city/news/2019-09/holy-see-gallagher-iaea-conference-nuclear-peace-development.html

Archbishop Gallagher said that the various nuclear science and technology services offered by the IAEA can help in achieving the Sustainable Development Goals (SDGs).